NBAファイナル第2戦終了後のキャバリアーズのロッカールームからマリファナの匂い?

NBAはファイナルの2戦目が終了、昨年同一カードで優勝を逃したゴールデンステート・ウォリアーズがクリーブランド・キャバリアーズに2連勝と、幸先の良いスタートを切っている。

2連敗を喫したキャバリアーズは、気持ちを切り替えて第3戦以降に臨みたいところだろう。2戦目終了後のキャバリアーズのロッカールームから、ある匂いがしてきたというのだ。

ベテランスポーツ記者のMike WiseがTwitterに下記のツイートを行った。

「キャブスのロッカールームから、強いマリファナの匂いがしたよ。ここはカリフォルニアだからね。2連敗の痛みを和らげるためだ」

もう1つのツイートでは「僕は誰がマリファナを吸っていたかはわからないよ。メディアの人間もいれば、選手もいたし」とWiseは選手がマリファナを吸っていたかどうかはわからないと指摘している。

さらに別の記者もロッカールームでマリファナの匂いがしていたことを認め、「ロッカールームにはいつもの3倍の人数の記者がいた。怪しげなメディアの人間もいたし、誰がマリファナを吸っていたかはわからない」とTV番組に出演した際に話している。

本当に選手が吸ったかはわからないが、Twitterでは選手が吸っていた場合、誰が吸っていたかに注目が集まっている。

キャバリアーズは3戦目以降立ち直るのだろうか、次戦以降に注目が集まる。

RELATED

Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並並ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

タイが医療用マリファナの合法化へ向けて前進│実現すればアジア初の容認国へ

今月半ばにカナダで娯楽用のマリファナが解禁されるなど、大麻合法化の波が世界中に広がりつつある。アジアでは未だ大麻が合法の国は無いというのが現状だが、そんな中タイがアジアで初めて医療用大麻の合法化に乗り出していることが報じられている。

Snoop Doggがジョイントを巻くスキルを応用して巻き寿司作りのマスターになったと著書で明かす

Snoop Doggといえば大のマリファナ好きで知られている。今までに巻いてきたジョイントは数知れないだろうが、なんとそのスキルが寿司を作ることにも活かされているそうだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。