Lil Yachtyが"Peek a Boo"のリリックでチェロとクラリネットを間違えた理由を語る

デビューアルバム『Teenage Emotions』をリリースしたLil Yachtyが歌詞サイトGeniusの動画コーナーに登場、アルバムにも収録されている"Peek a Boo"のあるリリックについて解説している。

My new bitch yellow/She blow that dick like a cello…

"Peek a Boo"には上記のリリックがある。このリリックが明らかになった時にYachtyはチェロをクラリネットなどの楽器と勘違いしているのではないかと話題になった。なぜならチェロは弾く楽器であり、blow=吹く楽器ではないからだ。

Yachtyはこのリリックについて、アニメ『スポンジボブ』のキャラクター、イカルド・テンタクルズが吹いている楽器がチェロだと思っていたと弁明。あれはフルートだった(実はクラリネットなのでYachtyは二回に渡り間違っている)と話す。

さらにYachtyは自身のA&Rが、この曲を何度も聞いているのにリリックの間違いについて指摘してくれなかったことについて不満を述べている。「誰もそれについて言ってくれなかった。写真を見せてくれて「君がその楽器について知ってるかはわからないけど、間違ってると思う」とか誰も言ってこなかったよ」とYachtyは憤慨している様子だ。

その後Yachtyはイカルド・テンタクルズが吹いているのがクラリネットだとツイートしたところ、ファンたちからは人間なんだから間違うこともあると暖かいリプライが送られている。Geniusのムービーは下のプレイヤーで見ることができる。

 

 

RELATED

Lil Yactyが生まれて初めて激辛チキンを食べて激しくむせてリバース

先日ニューアルバム『Nuthin’ 2 Provve』をリリースしたLil Yachtyが、音楽とフードを繋げるメディアFirst We Feastの動画企画に登場。激辛チキンを食べながらインタビューに応えている。

GeniusがApple Musicとパートナーシップを結ぶ│Genius内でApple Musicの楽曲を再生することが可能に

今やヒップホップファンならずともお馴染みとなった歌詞データベースサイトGeniusが、Apple Musicとパートナー契約を結んだことが明らかになった。

Lil Yachtyが映画『How High 2』に主演することが発表

来月にはニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』をリリースすることが予告されており、まさに絶好調なLil Yachty。そんな彼が、映画でもその才能と存在感を発揮しようとしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。