Lil Yachtyがトレードマークの髪型のせいで学校でいじめられていたと語る

MUSIC  2017.05.26  FNMNL編集部

Lil Yachtyがデビューアルバム『Teenage Emotions』を本日リリース、昨年のデビューからものすごい勢いで快進撃を続けるYachtyのトレードマークといえば、そう赤髪のショートドレッドだ。

Yachtyがこの髪型の秘密についてBeats 1のZane Loweとのインタビューで話している。

このトレードマークが誕生したのはYachtyの母親が、マクドナルドでバイトするためにドレッドを切ったほうがいいと言ったのがきっかけ。

しかし実際Yachtyがマクドナルドで仕事を始めたら、バイト仲間はみんな長いドレッドで髪を染めていたという。それをYachtyが母親に伝えたところ、「赤に染めたほうがいい」と推薦されたという。マクドナルドのイメージカラーが赤だからなのかはわからないが、こうしてあの髪型は誕生した。

学校の人気者というキャラクターとして知られていたYachtyだが、意外な事実も告白。髪型が原因でいじめられていたというのだ。「もしほかの誰かが僕のような体験を学校でしたとしたら、髪型を変えていたと思うよ」と語るYachty。しかし今のように、誰から批判されても自分を貫き通すYachtyの基礎はこの時にすでに築かれていたのだろう。

彼は髪型を変えることなく、そしてこの髪型のおかげもあり大きな成功を収めているのだ。

Zane LoweとYachtyのインタビューは下のプレイヤーで全て見ることができる。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE