R&B・フューチャーソウルの新たな流れを紹介するコンピレーション『Fresh RnB』がリリース

イギリスのBBCが毎年発表している、注目の新人アーティストリストSound of 2017でも、約半数をアーバン・アーティストが占めるなど、ますますフューチャー・ソウル/R&Bシーンが世界的な盛り上がりを見せている。

そんな新たな潮流にスポットを当てたコンピレーションアルバムを、マンハッタンレコードがリリースする。その名も 『Fresh RnB』と名付けられたコンピは、デジタル版が本日5/26から、CD版が1週間後の 6/2にそれぞれ全国リリースされる。

『Fresh RnB』には、アンダーソン・パーク、ジ・インターネット、フルームなどを筆頭にオルタナR&Bの新星カリードや、ドレイクの最新作にも参加する等 今世界が注目する弱冠19歳のUKシンガー、ジョルジャ・スミス (今回が国内オフィシャルCD初収録!)など、これまで日本では紹介されることのなかった注目のアーティストもズラリと勢ぞろいしている。

日本国内からもKan Sano、WONKといった今注目の世界水準なアーティストの楽曲も収録、初夏の陽気に相応しい、R&Bコンピの"新”定番がここに登場。

今回、「Fresh RnB」リリースにあたってマンハッタンレコードが収録曲(CD版)の一部を解説!

●Sinead Harnett - "Rather Be with You "

ディスクロージャー、ルディメンタル作品等へのゲスト参加でも知られる
ロンドンの新進女性シンガー・ソングライターによる注目曲。プロデュースは元ワン・ダイレクション、ゼインとのコラボ作もヒット中、センス抜群のプロデューサー・デュオ、スネイクヒップス。さすがの仕上がり。

 

●Anderson .Paak - "Am I Wrong (feat. ScHoolboy Q) "

現行のR&Bシーンを変えたといってもいい程の衝撃作にしてグラミー賞ノミネートアルバム【Malibu】からのスクール・ボーイQを迎えた泣く子も黙る人気曲。イントロのブレイクが気持ち良すぎなのでちょっくら擦ってみました。

●The Internet - "Dontcha"

LAの新進気鋭のネオソウル・バンド、ジ・インターネットの傑作『FEEL GOOD』からのシングル曲。彼らの存在をしらしめた今もなお"フレッシュ”な代表曲ですね。キモチよすぎます。因みにこの曲のプロデューサーの一人はネプチューンズのチャド・ヒューゴ。(トリビア)

●Khalid - "Hopeless"

この企画をやろうと思ったきっかけにもなった”フレッシュ”感がハンパない逸曲。世界の人気プレイリストにて早くから話題になっていた新世代R&Bのアイコン、カリードくん。本国アメリカでは今凄い人気みたいです。話題のデビューAL【American Teen】収録。コレはライブ映像。

●JONES - "Walk My Way"

サム・スミスも絶賛したというUKの歌姫ジョーンズ傑作AL『New Skin』からの
アルバム随一のエモーショナル・ナンバー。めちゃくちゃグルーヴィーです。この曲のPVが無かったので彼女のライブ映像をご紹介。

●Flume - "Say It (feat. Tove Lo) [IIIenium Remix]"  

そして出ました、今や"彼っぽい音”のフォロワーが後を絶たないフューチャーベースの貴公子、フルームによるグラミー受賞アルバム『Skin』から、スーパーアイドル、トーヴ・ローを迎えたヒットシングルの超人気リミックス。因みにフルームはマンハッタンのインスタをよくチェックしてくれてるみたいです(笑)このリミキサーのイレミアムも最近ではグリフィンとの共作で注目の的。

●Jorja Smith -  "Blue Lights" 

英BBC発表のその年のブレイク新人リスト <Sound of 2017>にも選出された
UKの弱冠19歳美形シンガーの話題曲。初めてコノ曲聴いた時、ブッ飛ばされました。この曲がコンピに入るの全世界でコレが初めてだそうです。あと彼女、どうやらドレイクの今カノらしい。色んな意味でポテンシャル半端無し。

●WONK - "savior" 

日本が誇る世界水準のエクスペリメンタル・ソウル・バンド、WONKの早耳リスナーの間でも話題沸騰だった極上グルーヴィー・チューン。傑作AL『Sphere』より。サマソニでのライブも楽しみです。

●Kan Sano - "Can't Stay Away (feat. Maylee Todd) "

世界が注目する日本人キーボーディスト/プロデューサー、カン・サノとカナダのシンガー・ソングライター、メイリー・トッドによる“キモチイイ” 上品で極上なミディアム・グルーヴ。話題作『k is s』収録。この曲のビデオが見つからないので彼のライブ映像を貼っておきます。

●The PLAYlist - This Could Be Us (feat. Glenn Lewis)  

これまたDJ ジャジー・ジェフ関連。レジェンド、ジャジー・ジェフが若手を中心に多くの才能を集めて、たった”7日間”でアルバム制作を試みたというニューR&Bプロジェクト、"The PLAYlist”の『Chasing Goosebumps』からの1曲。メインボーカルを務めるのは“Don’t You Forget It”などのヒットで知られるトロント出身のR&Bシンガー、グレン・ルイス。コンピレーションでは世界初収録。今回の隠し玉。

Info

RNB

 Various Artists - FRESH RnB - ​Good Vibes & Neo Soul collection (presented by Manhattan Records(R) )

仕様 : CD/デジタルアルバム (DJミックス)

リリース日 : デジタル版 : 5月26日 (金) / CD版 : 6月2日 (金)

レーベル : Manhattan Recordings / LEXINGTON Co., Ltd

ジャンル : R&B/ソウル

品番 : LEXDA17010 (デジタル版) / LEXCD17010 (CD版)

価格 : デジタル版 : ¥1,200 (単曲¥200/250) / CD版 : ¥1,980 (税抜)

価格 :
CD : ¥1,980 (税抜)
デジタル : ¥1,200 (単曲¥200/250)

(*CD版、デジタル版は内容が異なります。)

■CD 予約リンク

https://goo.gl/9AEfHn

■トラックリスト

01. Sinead Harnett / Rather Be with You
02. Anderson .Paak / Am I Wrong (feat. ScHoolBoy Q)
03. Suff Daddy / Paper Proclamation (feat. Mayer Hawthorne) [Pat Van Dyke Remix]
*04. The Internet / Dontcha
*05. Khalid / Hopeless
06. Chris McClenney / Otherside
07. JONES / Walk My Way
08. Wafia / Heartburn (Jarami Remix)
09. Flume / Say It (feat. Tove Lo) [IIIenium Remix]
10. R.LUM.R / Frustrated
11. JMSN / Power
12. Zo! / Lifelines (feat. Dornik)
13. Phonte & Eric Roberson / It's so Easy
14. Ginette Claudette / The Only
*15. Jorja Smith / Blue Lights
16. Juju Rogers / The Story of Warren
17. August Rigo / Easy To Let Go
18. Eric Bellinger / Awkward (feat. The Game)
19. Cold Chilling Collective / Gin and Juice (feat. The Rooks)
20. WONK / savior
*21. Kan Sano / Can't Stay Away (feat. Maylee Todd)
22. Fortunes. / 501's
23. Zak Waters / Brad Pitt
24. Latif/ Fighter Jets (feat. SAINt JHN)
25. Nabiha / Perfectly Human
26. Joe Hertz / Playing for You (feat. Bassette)
27. Moonchild / The Truth (DJ Jazzy Jeff & James Poyser Remix)
28. The PLAYlist / This Could Be Us (feat. Glenn Lewis)
29. Lloyd / Tru

 

RELATED

WONKとMALIYAによるThe Internetの"La Di Da"のカバーが公開

The Internetが今年リリースしたアルバム『Hive Mind』に収録されている、"La Di Da"を、バンドと交流があり彼らの大ファンであることを公言していたWONKがMALIYAとタッグを組みカバー、本日公開となった。 このカバーはThe Internetが今年の1月に来日した際...

【特集】The Weeknd初来日記念 | UNA、加藤ミリヤ、橘慶太、向井太一、RIRIが選ぶThe Weekndの1曲

12/18(火)に幕張メッセで待望の初来日公演を行う、The Weeknd。2011年に自身のレーベルXOから3本のミックステープをリリース、ノベルティーともいえる艶のある耽美なサウンドを武器にR&Bシーンのトレンドセッターとしての地位を確立した。

【フォトレポート】DIESEL HAɄTE COUTUREスペシャルイベント

今季のDIESELが手がけているキャンペーン『HAɄTE COUTURE』。ネット上の誹謗中傷に対して、皮肉や不遜な態度で応じれば、それによって痛手を被る可能性は小さくなるはずと考えアイロニカルなメッセージを込めたコレクションは、他人を攻撃せずにはいられない人々の力を削ぐことだけを目的としてデザインされている。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。