MONYPETZJNKMN 『磊』リリースインタビュー | ディストピアのエモーション

ラッパーやDJ、トラックメイカー、デザイナーなどで構成されるクルーYENTOWNのユニットMONYPETZJNKMNがデビューアルバム『磊』を5/17にリリースした。

「1回やったことはやらない」をポリシーに掲げる彼ららしく、今作ではよりエモーショナルな側面を強調、新しい顔を見せた1枚になっている。Chaki Zulu全面監修の元、YENTOWNのメンバーが、がっちり脇を固めた同作について、また3人が最近気になっているラッパーやSNS、フリースタイルなどについても話を聞いた。

取材・構成 : 和田哲郎

写真 :  横山純

(PETZは遅刻中)

- 初めてのアルバム『磊』リリースおめでとうございます。これまでの3人のイメージ通りの曲もあるし、すごい幅広くなったところもあるなと。トラックはどうやってチョイスしたんですか?

MonyHorse - これかっけえみたいな。ピンときたやつですね。これ新しくね?みたいな。

JUNKMAN - まあYENTOWNの仲間に、募って選んだりもして。あとSCRATCH NICEとかぐらいかな他は。まあずっと前から友達なんで、『雲』のリミックスとかやってもらってるし。そういうのでSCRATCH NICEだけ別ですけど。ほかはYENTOWNで募った感じですね。

 

- 3人メンバーがいるとリリックのテーマみたいなものはどうやって作ってる感じですか?

MonyHorse - バラバラですね。言いたいことがある人は、その人がメインになって。

JUNKMAN - あとそのトラックのタイトルとかトラックメイカーの人がつけるじゃないですか。そのタイトル通りやってみたりとか。"X"とかたしか"X"って書いてあったんだよね。でLootaが「Xもいれよ、Xにしよ」って言って、"X"になった。そういうノリっすね。

- なるほど。他の例えばゲストが入ってる曲とかはどうですか。

JUNKMAN - DOGMAくんとのやつとかは、前からよく一緒にやってるんで自然な流れでなって。AwichはkZmの紹介なんすけど。kZmのアルバムにも入るんですけど..イケてるの選んでって感じですね。

 

- 今回の曲はアルバムを前提に作り始めたって感じですか?

MonyHorse - いいものを作ろうみたいな感じですね。アルバムモードになったのはなんでだろう?結構気に入ったトラックが集まったんで。

JUNKMAN - まずChakiさんが話を結構進めてくれたんで、それで俺らまとまった作品たしかに出してないんで、俺ら自身でもちょっとやってみようって。やってみました。

- 制作期間的にはどれぐらいかかったんですか?

MonyHorse - 2ヶ月ぐらいじゃないですか。

JUNKMAN - あぁ、まあ"ZUTTO"とかだけ先にできてるってのもあるんですけど。まあ2ヶ月か3ヶ月ぐらい。

MonyHorse - 2ヶ月だった気がします。

JUNKMAN - え、きびしい(笑)。2ヶ月?あんまストイックなイメージ付けたくないからいいじゃん3ヶ月で。

MonyHorse - いいっすよ、俺らストイックなんですよ。

JUNKMAN - 2~3ヶ月って書いてもらえれば。

MonyHorse - 2ヶ月半。

JUNKMAN - 2ヶ月半(笑)。もう2ヶ月でいいです。約2ヶ月で。

- でも2ヶ月半ぐらいで14曲ってかなり早い方ですね。

JUNKMAN - はやくね?ほら(笑)。絶対もっとかかってるよ。

MonyHorse - いや、2ヶ月です。

JUNKMAN - マジで?PETZに聞こうじゃあ。

MonyHorse - (PETZは)絶対わかってない。

JUNKMAN - 俺もわかんねえから。でも前のEPを去年の6月に出してから。アルバム作ろうってなったのは冬ぐらいなんですよね。3ヶ月かなやっぱり。

- そもそも、『上』『下』がでたのが去年で、それからかなり曲作ってるじゃないですか。

JUNKMAN - たしかに。イメージ的には。あ、おはよう。

(PETZ登場)

JUNKMAN - アルバム作るのに制作期間どんぐらいだったっけ。

PETZ - 2ヶ月ぐらいじゃね。

全員- (笑)

JUNKMAN - まじ!?(笑)おれ3ヶ月ぐらいにしようかなっていまモメてて。

MonyHorse - 2ヶ月。

PETZ - 2ヶ月。

JUNKMAN - じゃあ2ヶ月で。わかったよ。んで早いっすねって話。

MONYPETZJNKMN

MonyHorse - 東京来るタイミングで3日間ぐらいステイしてレックしまくったすね。

JUNKMAN - なんか録るしかない状況、アルバム作るってなったらそのスケジュール逆算して録るしかない状況が作られて。2ヶ月でこんぐらい作らなきゃいけないってなった別に手抜いたとかじゃないんですけど、そういう感じで、この辺にリリースしたいからここまで録り終わってないといけないから、この日までにこんぐらい曲作ってっていうのをバンバンってスケジュールに。

- でも逆算とかで作ったにも関わらず、すごく曲のテーマも分かれてるし。

JUNKMAN - しっかりしてるっすか?アルバムっぽく見せようみたいな、そういう魂胆はあったっすね(笑)。適当なものはさすがに作れない。

MonyHorse - 提供できない。

- 流れもすごいいいなっていうか、最初アゲめで入って後半はすごい。

PETZ - 落としていってみたいな。

JUNKMAN - たしかに。

- すごいエモい感じに。

MonyHorse - エモいただきました。

JUNKMAN - エモさ多めですね。

- これまでのYENTOWNのイメージって 楽しさだったりだとかやっぱそこらへんがすごい前面にでてて あんまり感情的な歌詞って。

PETZ - 無かったと思います。今回ちょっとそこ意識しながらネクストステップじゃないけど、試してみたっていうのあります。

- 入れようと思ったきっかけっていうのはあるんですか?

PETZ - 今までは楽しいのだったり盛り上がるような曲とかやってきたっすけど。意外に"Mirage"とかもエモさあったと思うんですけど、評判がよかったので、まあもうちょいエモさを出したいというのをやりたくて。

 

MonyHorse - 聴きやすくはなってると思います。

- やっぱりクールなイメージというのがこれまで僕の中ではあって、それが今回skitとかも入ってるじゃないですか。

全員- (笑)

PETZ - ダイジくん(JUNKMAN)案ですね。

JUNKMAN - 盛岡のライブでみんなで泊まった時に録ったやつで。

PETZ - ふざけてるよね笑しかもさ、Monyがちょっと堅くないすか?

JUNKMAN - わかる(笑)。それが面白いよね。

PETZ - それが逆に面白い。あれはノリっすね。映像もあるんだけど。

- そもそものところなんですけど、MONEYPETZJNKMANとして2015年から活動してきて、アルバムまでのイメージとかはできてたんですか?リリースまでちゃんとやるというか。

JUNKMAN - 期日的なものは決めてなかったですけどね。YENTOWNのアルバムっぽいの出したかったんですけど、まあそれで結局俺らで募ったYENTOWNで使う楽曲集めてたら、結局俺らのアルバムっぽくなって。最初はYENTOWNのアルバム作ろうかなって思ってたっす。

- それも準備中?

MonyHorse - そうっすね。まあ個々の動きがあるので、また別でやると思うんで。YENTOWNの動きは期待してほしいです。MARZYも結構歌ったりするので。MARZYが今年は化けるっすね、おそらく。

- kick-a-showくんとやってますよね。

JUNKMAN - バレてる。

- いきなりスタジオに来て、歌ったらできたって話を聞いて。

JUNKMAN - その段階でもう知ってる(笑)。やばい、スターの話みたいじゃないですか。今回惜しいというか、1つ心残りなのはMARZYを入れれなかったことですね。最初の予定では入れる予定だったんで。 次に俺らで出すのはアルバムじゃないですけど、MARZYとかも多分入れると思います。MARZYの魅力をみんなに知ってもらって。

MonyHorse - あの人やべーっすもんね。

MOYPETZJUNKMAN

- 例えば収録曲の"SIVA"とかだと、テーマにファイナルファンタジーとかが入ってるっていう話を聞いたんですけど。3人共そういう趣味とかって共通してたりはするんですか?

MonyHorse - してなくはないっすね。

PETZ - あの曲はまあkZmが主体でフックは考えて、まあ一応kZmっぽい色にはなってるかなってところもありますね。

JUNKMAN - でもあのフックは俺が考えたって知ってた?

PETZ - まじすか。kZmかと思ってた。トリガーとかめっちゃkZmっぽい。

JUNKMAN - でしょ。kZmっぽく考えた先があれ。

MonyHorse - かっこいいですよね。

JUNKMAN - 俺なんだよ実は(笑)。PETZは知らなかったみたいな。

次ページ : 3人が気になるラッパー

RELATED

【インタビュー】Gottz 『SOUTHPARK』| KANDYTOWNらしさは意識していない

KANDYTOWNのメンバーであるGottzが10月にソロアルバム『SOUTHPARK』をリリースした。本作はGottzがもともと慣れ親しんでいたというトラップで曲を作りたいと思ったのがきっかけで動き出した。

【インタビュー】The Internatiiional | WELCOME TO ACID HOUSE!!! 韓国発ハウスラヴァーのためのストリートウェアブランド

突然ですが、ストリートって聞くとどんなイメージが浮かびますか?明治通りを滑走するスケーター?シュプの長蛇の列?ティンバ?ニューエラ?バスじゃモロ最後部な奴ら?

【インタビュー】Buddy | LAの新星ラッパーとPharrell、コンプトン、ファッション

10月にPharrellのレーベルi am OTHERに所属するLAのラッパーBuddyが初来日を行った。今年リリースしたアルバム『Harlan & Alondra』では伝統的なGファンクのスタイルからR&B、そしてモダンなトラップ以降のラップチューンまで多彩なスタイルの中で、しっかりと地に足のついたスキルを披露していたBuddy。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。