『ツイン・ピークス』も復活間近のデヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー映画が公開

CULTURE  2017.05.13  FNMNL編集部

2017/5/17(水)から始まる、第70回カンヌ国際映画祭。その70周年記念イベントにて、デヴィッド・リンチ監督による伝説的TVドラマシリーズ「ツイン・ピークス」の25年ぶりとなる新作2エピソードがプレミア上映される。そんなリンチ自身に迫ったドキュメンタリー『David Lynch: The Art Life(原題)』が、2018年に日本公開されることが決定した。

■世界中のファン待望の「ツイン・ピークス」新シリーズ

TVシリーズの最終回で、シェリル・リー演じるローラがカイル・マクラクラン演じるクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げたように、「ツイン・ピークス」新シリーズでは、まさにその25年後の世界が描かれる。YouTubeの公式チャンネルでは現在予告編が解禁されているが、カンヌでのお披露目の後、全米では5/21(日)より、日本では7月よりWOWOWにて放送を予定している。

■リンチの頭脳に迫るドキュメンタリー「David Lynch: The Art Life」

映像作品のみならず、絵画、立体、写真、音楽など、さまざまな方法で表現活動を続けているリンチ。「David Lynch: The Art Life」では、彼のプライベート映像とともに、幼少期の家族との思い出や、同居人であった「J・ガイルズ・バンド」のピーター・ウルフ、後に「ストレイト・ストーリー」「マルホランド・ドライブ」の美術監督を務めるジャック・フィスクとの出会いなどを振り返る。

 

さらには、フィラデルフィアでの暮らしや妻ペギーの出産を経て、長編映画デビュー作「イレイザーヘッド」に至るまでを、リンチ氏自らが語っていく。その言葉の数々から、彼の作品に大きく反映されている過去の恐怖や、苦悶の記憶についてひも解いていく作品になっている。

今再び世界を騒がせている映画界で最も得体の知れない男、デヴィッド・リンチの謎を紐解くドキュメンタリー映画『David Lynch: The Art Life』は、2018年日本公開の予定。(Yuuki Yamane)

INFO:

David Lynch

 

「David Lynch: The Art Life(原題)」

2018年 全国公開

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネール・ガード=ホルム

音楽:ジョナサン・ベンタ

出演:デヴィッド・リンチイザベル・ユペール

配給:UPLINK

原題:David Lynch: The Art Life

MUSIC

FASHION

CULTURE