『ツイン・ピークス』も復活間近のデヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー映画が公開

2017/5/17(水)から始まる、第70回カンヌ国際映画祭。その70周年記念イベントにて、デヴィッド・リンチ監督による伝説的TVドラマシリーズ「ツイン・ピークス」の25年ぶりとなる新作2エピソードがプレミア上映される。そんなリンチ自身に迫ったドキュメンタリー『David Lynch: The Art Life(原題)』が、2018年に日本公開されることが決定した。

■世界中のファン待望の「ツイン・ピークス」新シリーズ

TVシリーズの最終回で、シェリル・リー演じるローラがカイル・マクラクラン演じるクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げたように、「ツイン・ピークス」新シリーズでは、まさにその25年後の世界が描かれる。YouTubeの公式チャンネルでは現在予告編が解禁されているが、カンヌでのお披露目の後、全米では5/21(日)より、日本では7月よりWOWOWにて放送を予定している。

■リンチの頭脳に迫るドキュメンタリー「David Lynch: The Art Life」

映像作品のみならず、絵画、立体、写真、音楽など、さまざまな方法で表現活動を続けているリンチ。「David Lynch: The Art Life」では、彼のプライベート映像とともに、幼少期の家族との思い出や、同居人であった「J・ガイルズ・バンド」のピーター・ウルフ、後に「ストレイト・ストーリー」「マルホランド・ドライブ」の美術監督を務めるジャック・フィスクとの出会いなどを振り返る。

 

さらには、フィラデルフィアでの暮らしや妻ペギーの出産を経て、長編映画デビュー作「イレイザーヘッド」に至るまでを、リンチ氏自らが語っていく。その言葉の数々から、彼の作品に大きく反映されている過去の恐怖や、苦悶の記憶についてひも解いていく作品になっている。

今再び世界を騒がせている映画界で最も得体の知れない男、デヴィッド・リンチの謎を紐解くドキュメンタリー映画『David Lynch: The Art Life』は、2018年日本公開の予定。(Yuuki Yamane)

INFO:

David Lynch

 

「David Lynch: The Art Life(原題)」

2018年 全国公開

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネール・ガード=ホルム

音楽:ジョナサン・ベンタ

出演:デヴィッド・リンチイザベル・ユペール

配給:UPLINK

原題:David Lynch: The Art Life

RELATED

ANARCHYが監督を務める映画『WALKING MAN』が製作発表 | 主役のラッパーは野村周平が演じる

ラッパーのANARCHYが初の映画監督を、人気漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、梶原阿貴が脚本を書くオリジナル映画作品『WALKING MAN』が製作発表となった。

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

Thom Yorkeがサントラを制作し話題の『サスペリア』のティザームービーが解禁

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督による伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、来年1月に全国ロードショーされるのを控えて、ティザー予告と場面写真が解禁となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。