レコードストアデイ効果によりアメリカで1週間で最大のレコードセールスを記録

MUSIC  2017.05.06  FNMNL編集部

今年のレコードストアデイ効果で、アメリカではイベント前週に比べ個人経営店でのアルバムの売り上げが197%も上昇したとVinyl Factoryが報じた。

今年の上昇率はレコードストアデイ始まって以来最高。また、レコードでのアルバム売り上げは409,000枚をマークし、先週に比べ484%の上昇をみせた。

メジャーな小売店の売り上げを合わせると、レコードストアデイの前週と比較し、アルバムの売り上げは213%も上昇、547,000枚という結果となった。

イギリスでは、イベントにあわせてリリースされたDavid Bowieのレコードがアルバム、シングルチャートのトップを独占した。

今年のレコードストアデイは、昨年に比べると1.4%の成長を記録した。また、個人経営店でのフィジカルアルバムの売り上げは、フィジカル全体の31%になっており存在感をみせている。

Nielsen Musicによると、レコードストアデイの週では12インチの売り上げが前週の2,000枚から 4,350%上昇し、約89,000枚を売り上げたという。さらに今年のダンスミュージック部門の売り上げの上昇率は想像を超えるものとなった。

MUSIC

FASHION

CULTURE