Playboi Cartiのヒットチューン"Magnolia"に潜む2つの秘密

A$AP Mobの新鋭Playboi Cartiがリリースしたデビュー作『Playboi Carti』は多くの反響を集めている。

中でもPierreBourneがプロデュースした"Magnolia"はすでにSpotifyで100万回以上再生されており、ヒットチューンとなっている。

歌詞サイトのGeniusが同曲に眠る2つの秘密を明かしている。

まず1つはタイトルの"Magnolia"についてだ。Magnoliaというのはニューオーリンズにある団地の名前でBirdmanや、Juvenile、Soulja Slimなどのラッパーたちが生まれ育った場所だ。

Magnolia

ラッパーたちの育った場所という点とともにMagnoliaは、犯罪率の高さでも知られている。ハリケーン・カトリーナで解体される前までは、Magnoliaは全米で有数の犯罪率が高い公営住宅として悪名をほこっていた。

Cartiは"Magnoliaの中でこう歌っている。

I’m a soldier, damn I thought I told you
Shootin' like a soldier like I’m from Magnolia

Carti自身はアトランタ出身でMagnoliaで育ったわけではないものの、悪名高い団地とそこで生まれ育った剛腕のラッパーたちに、自分を重ねあわせているのだ。

もう1つの秘密はこの曲の中に現れるPierreBourneの"Yo Pierre, you wanna come out here?"というタグだ。このフレーズは90年代から放送されていたコメディ番組『ザ・ジェイミー・フォックス・ショー』の1シーンからのサンプリングだったと明かされている。

 

このシーンでは主役のジェイミー・フォックスはレストランのウェイター役で客から「オーダーしたフレンチトーストがまずい」と苦情を言われる。それに対てジェイミーは「フランスからシェフを連れてきてるから、ちょっと待っててほしい」とデタラメを言い返す。その直後に「ピエール、こっちに出てこれるかい?」というタグの部分のセリフが言われている。もちろんピエールなどというシェフはおらず、デタラメなフランス語でジェイミー自らがピエールに扮しているのだが。このタグは今後様々なアーティストの楽曲で聞くことになるだろう。

 

RELATED

Playboi Cartiのライブに乱入してきたファンがセキュリティに投げられ宙を舞う

大きな盛り上がりをみせるアメリカのヒップホップシーン、好きなラッパーに近づくためにはどんな手を使ってでもやろうという熱狂的すぎるファンが一定数存在するのも確かだ。

Playboi Cartiが喘息を患っていることを明かす

今年、待望のデビューアルバム『Die Lit』をリリースしたPlayboi Carti。名実ともに現在のシーンきってのラッパーになりつつある彼だが、実はその裏である苦しみを抱えていたようだ。

Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と語る

Playboi Cartiといえば独特なポジションとクールな佇まいで人気を得ているラッパーだが、そんな彼がSNSでリーンをやめたと宣言するラッパーたちを「ダサい」と一刀両断した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。