ブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーと離婚してから、Frank Oceanのファンになったと語る

ブラッド・ピットがGQのインタビューに登場し、アンジェリーナ・ジョリーと離婚してから、R&Bを聴くようになり、中でもFrank Oceanの大ファンであると語っている。

ピットは離婚で精神的なダメージを負ったが、そんな時に「たくさんFrank Oceanの曲を聴いたよ」と語っている。「彼は特別な存在だとわかったよ。生々しい事実を語り、彼は痛いくらい優しいよ」とピットは手放しでFrank Oceanを絶賛している。

離婚して初めて本当の意味でR&Bを理解できたと語るピットは、「R&Bは強烈な痛みからできている、でもそれは祝福なんだ。僕にとっては、残したものを抱きしめてくれるようなものだよ」と話した。

ピット主演の最新作『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』は、Netflixで5/26から全世界同時オンラインストリーミングされる

related

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。