シカゴに建設されるオバマ大統領センターにはレコーディングスタジオが設置される

オバマ前大統領は、地元シカゴにオバマ大統領センターを建設予定だ。3つのビルからなる大統領センターには図書館や美術館、講堂などが設置されることになっているが、音楽好きの前大統領らしくレコーディングスタジオも入るという。

 

上の動画は大統領センターのプロモーションムービーとなっており、シカゴ・トリビューン紙に対してオバマ前大統領は「これはただの建物でもなければ、公園でもない。シカゴの南部に希望あふれる未来を見出せるようなハブになってほしい」と語っている。

さらにオバマ前大統領はレコーディングスタジオについては「Chance The Rapperが来てもいいし、ブルース・スプリングスティーンが来てもいいよ。社会的な意義があればOKだ」と幅広く使ってほしいと述べている。

 

RELATED

QuestloveがホワイトハウスでのDJ中オバマ元大統領に「French Montanaを流してくれ」とリクエストされたことを明かす

The Rootsなどで知られるQuest Loveが。Rick Lubinらのポッドキャスト『Broken Record』に出演。そこで、オバマ元大統領との意外なエピソードを披露している。

オバマ前大統領が参加した楽曲が全米R&Bチャートにランクイン

ヒップホップを始めとする様々な音楽のファンとしても知られているオバマ前大統領。『ブラックパンサー』のサウンドトラックなども含まれた2018年ベスト楽曲のリストも話題となったが、今回彼が参加した楽曲が全米R&Bチャートにランクインしたことが話題となっている。

オバマ前大統領がミシェル・オバマ夫人の講演会にサプライズで登場し、自身を「Beyonceのライブに登場したJay-Z」に例える

オバマ前大統領が大のヒップホップファンということは広く知られている。そんな彼がミシェル・オバマ前大統領夫人の講演会にサプライズゲストとして登場し、自身をJay-Zに例えたことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。