Kendrick Lamarの新作は「メンフィス」的でハードなサウンドになるとプロデューサーが明かす

MUSIC  2017.03.29  FNMNL編集部

4/7にリリースするとみられているKendrick Lamarのニューアルバムの内容についてプロデューサーのSyk Senseが語っている。

ニューアルバムからのファーストシングルとみられる"The Heart Part 4"も手がけているSyk Senseは、YoutuberのEricTheYoungGawdのインタビューに答え、そのサウンドが「これまで聴いたことがないほどのハードなものになる」と話している。

Syk Senseはアルバム全体ではなく、いくつかのビートを聴いただけだと前置きしつつ、アルバムは「想定されるようなジャジーなものではなく、めちゃくちゃメンフィスみたいだ、LAでありメンフィスなんだ」とも語った。メンフィスといえばサウスヒップホップシーンの中心地の1つであり、Three 6 Mafiaなどに代表されるダーティーなサウンドが特色だ。

これまでのKendrickのアルバムではラフなサウンドともいえる『Untitled 07』と比べて、どうかと尋ねられたSyk Senseは「ある意味では似てるけど、別物だ。説明できないよ。Kendrickは向上心の塊だ」と話した。果たしてKendrickの新作はどのような内容になっているのだろうか。

Syk Senseのインタビューはこちらから見ることができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE