MigosがメジャーレーベルMotown/Capitolと新たに契約を結ぶ

MUSIC  2017.02.18  FNMNL編集部

Migosがまた新たなステップを踏み出す。昨日アトランタの3人組は今後の音源をメジャーレーベルのMotown/Capitolからリリースする契約を結んだと発表した。

MigosはこれまでPierre "Pee" ThomasとKevin "Coach K" Leeが運営するインディーレーベルQuality Controlに所属して。Quality ControlはすでにMotown/Capitolとパートナーシップ契約を結んでいたが、その第一弾アーティストとしてMigosの音源をMotown/Capitolからリリースすることが決定した。

Motownの社長であるEthiopia Habtemariamは、『MigosをパートナーであるQuality Control傘下でMotown/Capitolのアーティストとして契約できてとても嬉しいし、誇りに思う。Quality Controlと我々がパートナー契約を結んだのは2年前だ。その理由は彼らがミッションに対し足並みをそろえることができ、私たちのカルチャーをグローバルな市場に広げることを決意していると信じているからだ。そして我々はそれを今やっているんだ」とコメントを発表した。

Quality ControlのCoach Kはそれに対し「Motown/Capitolのみんなと仕事ができるのはすごいことだ。Quality Controlのスタッフは全員、私たちのアーティストをより前に中心に押し出そうとハードに仕事をしている。クリエイティブで積極的なこの提携は、Quality Controlのゴールを常に思い出させてくれるものになるだろう」とリアクションしている。

MigosはこれまでAtlanticグループの傘下にある300 Entertainmentと、協力関係にありリリースを行ってきたが、この新しい契約をきっかけに両者の関係には終止符が打たれることになりそうだ。

 

 

MUSIC

FASHION

CULTURE