MAIDEN NOIR 2017SS LOOKBOOK公開。テーマは『THE MODERN LANGUAGE』

アメリカのシアトルを拠点に運営されているブランドMAIDEN NOIRの2017SS LOOKBOOKが公開された。

『THE MODERN LANGUAGE』というテーマで展開されている、今季は40年代と50年代のユニフォームやミリタリーからのインスピレーションをデザインソースに、モダンにアップデート。

クリーンなルックスとシルエットを保ちながらも、ルーズシルエットを意識して再構築されたアイテムが多い。20世紀のアメリカを代表する女性画家ジョージア・オキーフが描く美しい色彩からの影響を受け、オリーブやタン、ブルー、コーラルをメインカラーとした彩り豊かなコレクションとなった。

お問い合わせ先:
MAIDEN NOIR JAPAN
03-6805-0650
http://maidennoir.jp

related

MAIDEN NOIRのPOP UPがUNION TOKYOで開催中

シアトル発のブランドMAIDEN NOIRが、18AUTUMN コレクションの立ち上げに合わせて東京・原宿のUNION TOKYOで9/17(月)までPOP UPを開催中だ。

MAIDEN NOIR 2017 AUTUMN / WINTER COLLECTION LOOK | テーマは「TRACES OF WARM LIGHT」

MAIDEN NOIRの2017 AWのコレクションのLOOKが公開、今回は画家のサイ・トゥオンブリーの作品から大きな影響を受けたコレクションとなっている。

CULTCLUB STUDIOが主催するファミリーセールが開催 | RESERVED NOTEやWE MARK、APPLEBUMなどが参加

東京・代々木にあるCULTCLUB STUDIOで4/29と4/30の2日間、毎シーズン恒例のファミリーセール&フリーマーケットが開催される。 注目のブランドが多数参加するこのファミリーセール&フリーマーケット、今回はブラックカルチャーをベースにしてきたAPPLEBUM、中目黒...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。