Chance The Rapperの弟でラッパーのTaylor Bennettがバイセクシャルであることを表明

MUSIC  2017.01.19  FNMNL編集部

Chance The rapperの弟で、ラッパーのTaylor Bennettが自身のツイッター上で「自分はバイセクシャルだ。」と明かした。Taylorの誕生日の前日に連投されたツイートには同じ立場にいる人を助けたいというメッセージが込められていた。

「俺の誕生日は明日(1/20)なんだけど、来年はもっと自分をさらけ出して、同じ問題を抱えているひとを助けたいと思ってる。」というツイートで始まったTaylorの告白。

Taylorは「成長する毎に自分は人とは違ったセクシャリティーで、バイセクシャルであるといつも感じてきた。今日はそれをファンに伝えたかった」と続けた。

最後にはTaylorは「俺は自分がバイセクシャルの男性だと認めるよ。そして、2017年もゲイコミュニティーを公にサポートし続けていくよ」とツイートを締めくくった。

また兄のChanceはTwitterにTaylorとともに21歳の誕生日を祝う動画を投稿。弟を「偉大な男に育った。神とおれが後ろにいるから、彼は失敗しないよ」と弟をこれからもサポートしていくという投稿も行った。

Taylorは1/25に、自身のデビューアルバムのショートフィルム『Broad Shoulders』をリリースする。さらに、来月にはEPもリリース予定。『Broad Shoulders』のプロデューサーであるDanny FarberはFake Shore Driveのインタビューで「ショートフィルムにはBennettが経験した生の気持ちが描かれている」と話し、「Donald Gloverの"Clapping for the Wrong Reasons"、もしくはKanye Westの"Runaway"に似ている。」と語った。 (野口耕一)

MUSIC

FASHION

CULTURE