Chance The Rapperの弟でラッパーのTaylor Bennettがバイセクシャルであることを表明

Chance The rapperの弟で、ラッパーのTaylor Bennettが自身のツイッター上で「自分はバイセクシャルだ。」と明かした。Taylorの誕生日の前日に連投されたツイートには同じ立場にいる人を助けたいというメッセージが込められていた。

「俺の誕生日は明日(1/20)なんだけど、来年はもっと自分をさらけ出して、同じ問題を抱えているひとを助けたいと思ってる。」というツイートで始まったTaylorの告白。

Taylorは「成長する毎に自分は人とは違ったセクシャリティーで、バイセクシャルであるといつも感じてきた。今日はそれをファンに伝えたかった」と続けた。

最後にはTaylorは「俺は自分がバイセクシャルの男性だと認めるよ。そして、2017年もゲイコミュニティーを公にサポートし続けていくよ」とツイートを締めくくった。

また兄のChanceはTwitterにTaylorとともに21歳の誕生日を祝う動画を投稿。弟を「偉大な男に育った。神とおれが後ろにいるから、彼は失敗しないよ」と弟をこれからもサポートしていくという投稿も行った。

Taylorは1/25に、自身のデビューアルバムのショートフィルム『Broad Shoulders』をリリースする。さらに、来月にはEPもリリース予定。『Broad Shoulders』のプロデューサーであるDanny FarberはFake Shore Driveのインタビューで「ショートフィルムにはBennettが経験した生の気持ちが描かれている」と話し、「Donald Gloverの"Clapping for the Wrong Reasons"、もしくはKanye Westの"Runaway"に似ている。」と語った。 (野口耕一)

RELATED

Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

Chance The Rapperが100万ドルをシカゴのメンタルヘルスサービスに寄付

Kanye Westとのコラボアルバムのリリースも待ち遠しいChance The Rapper。

SUMMER SONIC 2018の特番が本日放送 | 木村太一によるドキュメンタリームービーも公開

Chance The Rapper、Jorja Smith、Higher Brothers、Rex Orange Countryなどなど、FNMNLでも注目しているアーティストが勢揃いし、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたSUMMER SONIC 2018。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。