「My War」を続ける美術家・田巻裕一郎による3回目の個展『リトミック』が小岩BUSHBASHで開催

2/5~2/12まで東京・小岩のライブハウスBUSHBASHで美術家・田巻裕一郎の個展『リトミック』が音楽レーベルG.G.R.R.と共催で開催される。

田巻裕一郎はスクリーンプリント、立体、映像等、多様な手法を用い、現代日本社会に生きることの居心地の悪さを観者に露呈して突き出している。圧倒的なPOPさを纏いながらも独特の不気味さがあるテイストが特徴だ。

彼の作品には毎日、 いついかなるときでもハードコア ・ パンク ・ バンド BLACK FLAG のセカンドアルバム 『MY WAR』 デザインの衣類を 着続け、 その記録として着衣写真を一日最低一枚残すという『MY WAR_YUICHIRO』や、日本の玩具・ゲーム等に見られる、カードのスタイルを利用し、政治的問題を表現した作品『日本国カードコレクション』などがある。

My War
MY WAR_YUICHIRO
cardcollection1
日本国カードコレクション
cardcollection2
日本国カードコレクション

展示開催初日には、そんな作家のスタイルとノイズミュージックとの親和性に着目したG.G.R.R.によるMerzbow、ENDON、Zodiakを招聘したレセプションパーティーも開催、作家本人によるZodiakとのコラボレーションによるパフォーマンスも行われる。

シーンの最先端を形成し続ける東京ハードコアパンクの重要スポット・小岩BUSHBASHを期間限定のギャラリーとして変容させ、ライヴイベントとアートの境界を侵犯する同展をぜひ体験してほしい。

当局に認可された「正しいアート」が、街からホームレスや泥酔者=ノイズとしての他者を排除する。 対して不正なアートは、他者性を非公式な方法で表現し、それ自身、他者=ノイズとして規範を 逸脱することを欲望する。この意味で、田巻裕一郎とは不正なアーティスト=テロリストである。

《自画像”1/1”》を見てみよう。 立体的な素材を用いて表現されるのは、希薄な身体性であり、作者自らの血液で描かれるのは生き生きとした田巻の似姿ではなく、それは眠っているというより、死んでいる。そこには一般的な自画像が欲望する、作者の理想的な鏡像としてのイメージはない。自己=描かれる対象と作品との間に自己同一性を見出すのではなく、むしろその表現不可能性を提示してい ることになるだろう。つまり、田巻はアートの定義に他者を密輸している。アートは鑑賞者の意識に変調をきたす効果を持つとされるが、それは言い換えれば、鑑賞者の意識に他者を介入させることであり、実定法を犯すことなくトリップすること、法を逸脱することである。そこにはリアルな作者の主体性が発揮され ているのではなく、リアルな彼の死が横たわっている。絶対的な他者である死を、対象を描くという行為に持ち込むこと。対象を表象=再現するというアートの公式を、一見それに従いながら殺すこと。
救世主というまだ見ぬ者のイメージを描く時、田巻はそれが私たち自身であって欲しいと願っている《第 1 話 『救世主、 求ム!』(仮題)》。このスローガンは私たちに「他者となれ」というメッセージである。もはや五体満足ですらな く、身体性の希薄さどころか欠損を抱えてすらいるこの救世主は、去勢を想起させる微細な鋲で覆われたジャケットを纏うこととなる。大きな物語の死以降の小さな物語としてのポストモダン的世界の救世主は、もはや強い身体とペニスを有する強者ではなく、複数の器官からなるノイズ=弱者であるのだ。
よって私たちにとって政治とは小さな物語のコレクションであり、取捨選択の可能性を持つ《日本国カードコレクション》。その一つとして、真・日本軍のメンバーの纏うジャケットが、救世主のユニフォームと酷似していることに注目すべきである。私たち自身がナショナリズムに駆られて軍隊となるのか、あるいはユナイトしてナショナリズム的悪魔を追い払うのか。それぞれのカードは、他のどのカードとも接続可能な機械である。私 たちは田巻からのこの問いかけに応答しなければならない。ノイズになるか、自己同一性の闇にとどまるか。カードを切る場面が、ついに巡ってきたというわけだ。 ETSUO NAGURA / ENDON

 

Info

田巻裕一郎

タイトル:田巻裕一郎 第3回個展 “リトミック"
会期:2017年2月5日(日)~12日(日) 13:00-各日ライブイベント終了迄
会場:小岩 BUSHBASH
〒133-0056
東京都江戸川区南小岩 7-28-11
ファーストセントラル 101
TEL/FAX: 03-6657-9939
MAIL: info@bushbash.org
WEB: http://bushbash.org

【レセプションイベント】※どなたでもご参加頂けます。
日時 2017年2月5日(日)
ステージ開場 16:00 開演 16:30 終演 21:00予定
開場 小岩BUSHBASH
出演 Merzbow / ENDON / Zodiak / 田巻裕一郎 × Zodiak

入場料:展覧会のみ=無料 レセプション・イベント+展覧会=¥2000+1ドリンク

主催:田巻裕一郎
共催:G.G.R.R.

お問い合わせ:y16osan@gmail.com ( 田巻裕一郎)

RELATED

PUNPEEやSIRUPのアートワークも手がけるペインターのhitchによる東京での初の個展が開催

大阪を拠点に東京や上海、ハワイなど国内外で制作を続けるペインターのhitchによる、東京では初となる個展がNOS ORG渋谷で10/3(水)から一ヶ月間開催される。 今回の展覧会は彼の制作テーマである「HIPHOPイズムをビジュアライズする」を軸に、さらにモチーフをミュージシャンに絞った企画展...

Hiraparr Wilsonがタイ・バンコクで開催した個展『OUT OF THE MOSQUITO NET』が東京・下北沢で開催

思い出野郎Aチーム, CATBOYS, BTB特効などのアートワークを手がけるペインターのHiraparr Wilsonが、東京・下北沢のロンヴァクアンで個展『OUT OF THE MOSQUITO NET』(蚊帳の外)を開催する。

DELTAが波佐見焼の「BARBAR」とコラボコレクションを発表

DELTAことBoris Tellegen(ボリス・テレゲン)と、⻑崎⼯芸品波佐⾒焼「BARBAR」のコラボ作品のコレクション、『BARBAR × Boris Tellegen』POPUP SHOPを9/22(土)から9/24(月祝)まで開催する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。