Fetty Wapがお気に入りのストリッパーに100万円の雨を降らせてフレックス

ラッパーといえばストリップクラブなどでは豪遊するものだと、暗黙のルールで決まっている。ナイトクラブやストリップクラブで紙幣の雨を降らせることは「Make It Rain」というスラングとなっており、曲名やリリックの中で、よく使われている。人気ラッパーのFetty Wapが年末にNYのストリップクラブを訪問、豪快に金をばら撒く様子が紹介されている。

Fetty Wapといえば交通違反の違反金を警察に支払うときも、違反金の50倍の金額を見せびらかしたこともあるくらいだ。

今回Fetty Wapは新年の前祝いとしてNYのストリップクラブを訪問、お気に入りのストリッパーBluに対し、なんと一晩で約100万円を豪勢にばらまいた。その模様はこちらのリンクで見ることができる。

RELATED

6ix9ineが新曲"KeKe feat. Fetty Wap & A Boogie Wit da Hoodie"のミュージックビデオを公開

"Gummo"や"Kooda"でバズを生んでいる新鋭ラッパー6ix9ineが、Fetty WapとA Boogie Wit da Hoodieを客演に迎えた新曲"Keke"のミュージックビデオを公開した。

Fetty Wapが交通違反で360ドルを支払う際に50倍の金額を見せびらかしフレックス

ラッパーのFetty Wapが度重なる交通違反でニュージャージー州Cendar Groveの裁判所から罰金360ドルの支払いを請求されたのだが、Fetty Wapはその金額を大きく上回る約165,00ドルもの大金を持参したとNJ.comは報じている。

Fetty Wapが大ヒット曲"Trap Queen"の権利問題で訴えられる

ラッパーFetty Wapの名前を一躍スターダムにおしあげた大ヒットチューン"Trap Queen"の権利問題を巡って訴訟が起こされたとTMZが伝えている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。