Chief Keefが偽のインタビュー記事にブチ切れ。2015年以来となる新作『Two Zero One Seven』もリリース

シカゴ出身で現在はLAを拠点にするラッパーのChief Keefは、なかなかインタビューを受けないことで有名だ。そんなChief KeefのレアなインタビューをウェブメディアLocal Savageが年末に掲載、そこにはLIl Yachtyを気に入ってることや21 Savageと一緒に曲を作ったことなどが語られていたが、そのインタビューを偽記事だとChief Keef自身が言明、激怒している。

Chief Keefは自身のInstagramをこの偽インタビュー記事のスクリーンショット共に更新、そこには「フェイクインタビュー野郎は、おれがインタビューを受けたみたいにしやがった。もしおれにインタビューしたいというなら、アレを切って、シカゴにいる気分にさせてやろうか」と過激なコメントも加えられていた。

Chief Keefは予告通り、自身にとって久しぶりとなるミックステープ『Two Zero One Seven』を1/1にリリースした。この新作にはChief Keef自身や、Lex Luger、Young Chopなどがプロデューサーとして参加している。

RELATED

大学構内のパーティでChief Keefの"Fanetoがプレイされ客がぶち上りすぎて床が抜ける

パーティでアンセムや好きな曲が掛かった際、バイブスが上がるあまり暴れてしまう人もいるだろう。しかし、時には自制心を保つことが必要になる場合もあるようだ。

Chief Keefが現在のシーンに与えたインパクトを解説する動画が公開

デビュー以来現在のラップシーンに多大な影響を与え続けているシカゴのラッパーChief Keefを特集したビデオがGeniusにて公開された。

Chief Keefがホログラムでツアーを行う予定

Chief Keefといえば、アメリカ・シカゴを代表するラッパーの1人であり、これまで数々の警察沙汰を起こしてきたことは周知の事実であろう。そして、彼はその自身が起こした数々の警察沙汰のせいで、世界中の色々な街から出禁を食らっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。