Tyler, The CreatorのMySpaceが発見される。2008年の未発表楽曲も

かつてTwitterやFacebook、SoundCloudがなかった時代(とは言っても10年前程度だが)アーティストのインターネット上での交流の場といえばMySpaceが基本だった。現在では使用するユーザーも少なくなってしまったが、自分のページに楽曲をアップできる画期的なプラットフォームだったMySpaceから有名になったアーティストも少なくない。そして先日Odd FutureのTyler, The Creatorが、有名になる前に使用していたMySpaceページが発見された。

このMySpaceページは、掲示板サイトRedditで1人のユーザーがこのページについて投稿を行ったことで、広まることになった。

TylerはI Smell Pantiesというユーザーネームで登録しており、"Lisa"や"Bapes"など6曲の2008年当時の未発表曲を聞くことができる。

これらのトラックからはTylerらしいドリーミンで、ポップで、キッチュなテイストがすでに聴き取れることができる。

TylerのMySpaceページはこちらでチェックすることができる。

RELATED

MySpaceから2003年〜2015年にアップロードされた12年分の楽曲データが全て消失

Apple MusicやSpotifyのようなストリーミングサービス、あるいはSoundCloudやBandcampの誕生以前に、音楽プラットフォームとして大きなシェアを誇っていたMySpace。ヒップホップではSoulja Boyの“Crank That”がMyspaceをきっかけに全世界で流行したことも知られているが、今回、MySpaceにアップロードされた2003年〜2015年までの楽曲データが全て消失したことが明らかになった。

Tyler, The CreatorがA$AP Rockyに対して「制作中のプロジェクトについて喋るのをやめろ」と要求

“Potato Salad”や“Who Dat Boy”を始め幾度もコラボレーションを行い、プライベートでも親友として知られるTyler The CreatorとA$AP Rocky。しかし、今回Tyler, The CreatorがA$AP Rockyのある言動に対して苦言を呈している。

Tyler, The CreatorがTVや人種差別について語る

数多くの映画に出演しながらも、ヒップホップやスケートに造詣が深いことで知られている名優のジョナ・ヒル。そんな彼が監督を務めた映画『Mid90s』は現在アメリカで公開中だが、その映画に出演しているスケーター達が所属しているのがアメリカの西海岸を拠点として活動するスケートクルーIllegal Civilizationだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。