Tyler, The CreatorのMySpaceが発見される。2008年の未発表楽曲も

かつてTwitterやFacebook、SoundCloudがなかった時代(とは言っても10年前程度だが)アーティストのインターネット上での交流の場といえばMySpaceが基本だった。現在では使用するユーザーも少なくなってしまったが、自分のページに楽曲をアップできる画期的なプラットフォームだったMySpaceから有名になったアーティストも少なくない。そして先日Odd FutureのTyler, The Creatorが、有名になる前に使用していたMySpaceページが発見された。

このMySpaceページは、掲示板サイトRedditで1人のユーザーがこのページについて投稿を行ったことで、広まることになった。

TylerはI Smell Pantiesというユーザーネームで登録しており、"Lisa"や"Bapes"など6曲の2008年当時の未発表曲を聞くことができる。

これらのトラックからはTylerらしいドリーミンで、ポップで、キッチュなテイストがすでに聴き取れることができる。

TylerのMySpaceページはこちらでチェックすることができる。

RELATED

Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

Jaden SmithがTyler, The Creatorが見せてくれるまでSupremeを気にしたことなかったと述べる

Supremeは一時期の低迷期の後で、勢いが復活し現在は再び絶頂期を迎えているのは周知の事実だろう。

Tyler, The Creatorがラジオで自分の曲が流れないことに不満をもらす

先日GQの公開したTyler, The Creatorのインタビュー。Tylerは、ラジオでもっと曲を流してもらいたいが、自分の声がメインストリーム向きではなく嫌いであると語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。