Lil Yachtyが天敵?!Ebro Dardenの最新インタビューを受け、苦手なフリースタイルも披露

注目の若手ラッパーLil Yachtyには天敵がいる。それはNYの長寿ラジオ局Hot97のメイン・パーソナリティーを務めているEbro Dardenだ。

YachtyとEbroは今夏もSNS上でビーフを行っおり、EbroがInstagramでYachtyのラップを高校生みたいなスキルだと批判したところ、YachtyもEbroに対して猛烈に反論したという経緯がある。

そして昨日YachtyはBeats1でEbroがパーソナリティーを務めている番組に出演。久しぶりに両者はむきあった。

EbroはYachtyに対して「君のファンたちはおれのことが嫌いだろうな」と軽いジャブを放つと、Yachtyもそれに対して「僕のファンたちは、あなたが全ての若いいけてるラッパーを嫌いだと思っていると思うよ」としっかりとジャブを打ち返す。

Yachtyは、自身がヒップホップに対してネガティブな影響を与えていると、ベテランたちから批判されていることについては「僕はヒップホップにポジティブな影響を与えている1人だと思う。僕はヒップホップシーンから出て世界規模でポジティブさを伝えようとしているよ」とも話した。

それに対してEbroは「やばいフックとメロディーを持っている」とYachtyを認めた。Yachtyも先日Notorious B.I.Gを批判するようなコメントをしたことについて、再度自分は間違っていたと認め、「今は多くの人にとって彼が重要な存在だったことをわかったよ」と話した。

今年を振り返ったYachtyは「今年はめちゃくちゃ早くて、ようやく本当のヒップホップアーティストになるための時間を見つけようとしている」と自身にとってもヒップホップシーンに早く入りすぎ、予想以上に自身の名前が広まってしまったとも話した。

最後にYachtyは以前Ebroに批判されるきっかけとなった、フリースタイルを披露。その時よりはテクニック的にも上手くなったYachtyのフリースタイルは下記の動画でみれる。

RELATED

Lil Yachtyがデビューアルバム『Teenage Emotions』が酷評され心が折れたと明かす

GQの動画インタビューに登場したLil Yachtyは彼が2017年にリリースしたアルバム『Teenage Emotion』に対する厳しい批評を受けて、心が折れた事を認めた。

Lil Yactyが生まれて初めて激辛チキンを食べて激しくむせてリバース

先日ニューアルバム『Nuthin’ 2 Provve』をリリースしたLil Yachtyが、音楽とフードを繋げるメディアFirst We Feastの動画企画に登場。激辛チキンを食べながらインタビューに応えている。

Lil Yachtyが映画『How High 2』に主演することが発表

来月にはニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』をリリースすることが予告されており、まさに絶好調なLil Yachty。そんな彼が、映画でもその才能と存在感を発揮しようとしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。