フォト&インタビュー | イ・ラン 「このピアスは乳首」「私はドラァグクイーンの時はイザベル」「あなたも香水つけてデモに行く?」

Interview and Photography by Jun Yokoyama / 取材協力: SWEET DREAMS PRESSIRA

ヤマガタ・トゥイークスターのダンサーとして、そしてソウル・ホンデシーンを代表するシンガーソングライター/映像作家、文筆家、イラストレーターとして活躍するイ・ランはただいま柴田聡子と共に日本をツアー中だ。

イ・ランは2012年のデビューアルバム『ヨンヨンスン』以来4年ぶりのフルアルバム『神様ごっこ』をバンドスタイルで制作。韓国ではDLコード付きのエッセイブックレットとして7月に韓国でリリースされ、日本ではCDと日本語訳化された小冊子として9月に発売された。

レコーディングは、チェロ奏者のイ・ヘジ、ドラムスに404(サーコンサー)のチョ・インチョル、 さらにソリミュージアムのイ・デボンやソンキョルのキム・ギョンモを迎えてスタジオではなくソウル・ホンデの雨乃日珈琲店で行われた。独特の音響を感じられる作品となっている。

70ページのブックレットには日本語訳された歌詞とエッセイを収録。歌詞にまつわる「ヘル朝鮮」の話や、自身のトラウマや、悲しい出来事。そしてその感情を笑い飛ばそうとするイ・ランが、どのようにこのアルバムを作り上げてきたのかという足跡が赤裸々に綴られている。

VICECDジャーナルでのインタビューでイ・ランが答えたように、本作は「ヘル朝鮮」という「韓国は文化がすぐになくなったり、自殺しちゃうのに、みんなアイドルを見て楽しんでる」そんな辛い社会の中で、イ・ランはその辛さに押しつぶされそうになりながらも、作品の中でその辛さはどこから来て、どこへ行くのかを探しに出る旅路を歌い、そしてあっけらかんとユーモアに笑い飛ばす。

柴田聡子とのランナウェイツアー直前、イ・ランが「日本の社長さん」と呼ぶSWEET DREAMS PRESSの福田さんを同席して、イ・ランにインタビューという名目で彼女に最近あった出来事などおしゃべりした。写真はIRAでの投げ銭ライブの様子。

---
韓国の大統領やめろ〜!っていうデモにイ・ランが友達と撮ってた写真かっこよかったね。

HAYA!!!!

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

HAYA NIGHT Ver.

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

ピアスもかっこいいけど、あれは土星?何?

イ・ラン - あれは一緒にデモに行った友達が作った乳首のピアス。

乳首?

イ・ラン - そう。彼女は6.9センチの栓抜きとかを作ってるアーティスト。知ってる?韓国の男性のペニスの平均サイズ。6.9センチ。

スクリーンショット 2016 11 27 16 39 38
from http://seoul-metal.kr/

(韓国のフェミニストの間で、男性のペニスのサイズ「6.9センチ」というのは超重要キーワード。女性差別、ミソジニーに対抗するために6.9という数字をさまざまなデザインやネーミングに流用している)

イ・ラン - 土曜日に韓国では大きなデモがある。高校生がテスト終わってからみんな来るから一番大きなのになると思う。私もタワーレコードのインストアがあるから、行けないけど…。本当はデモに行きたい。

デモにそんなに行きたいの?

イ・ラン - デモめっちゃたのしぃ〜。みんなフラッグとか作ってー。自分が言いたいこと、意味の無いことととかフラッグに書いてる。「虫研究会」とか。笑 自分のTwitterのアカウントとか書いたフラッグ。笑

イ・ランが大好きな、ヤマガタ・トゥイークスターがデモの会場でダンスしてたのにダンサーとして呼んでもらえなかったんでしょう?

イ・ラン - だからハンバッ(ヤマガタ・トゥイークスター)さん怒ってメッセージしたら、じゃあ次は一緒に踊りましょって言ってくれたんだけど、今は私は日本で。

去年日本でも数十万人のデモがあったけど、韓国は100万人ってすごいよね。

イ・ラン - 光化門(クァンファムン)っていう、大統領が住んでるところの一番近い街でやってる。大統領に聞こえるようにフェスみたいな。有名な歌手が出てきたりとか。普通にフェスティバル。

K-POPのアイドルとか来ないの?

イ・ラン - こないよ〜笑 アイドルぜんぜん来ないよ。なんで来ないんだろう。デモと同じ時間にアイドルのメンバーがパーティの写真をInstagramにアップしてて、みんな「何してんの、、、。」ってなった。笑

ラッパーとかパンクとかはライブの時はメッセージ強いけど、デモ来ないね笑 家とかライブハウスとかだけで。笑 その時間にライブしたりしてるからね。

けど、人が多くて。おじさんが、臭い。近いから。臭い。

やっぱり臭いか〜。デモに化粧して来やがってって、文句言ってくる人に対して、顔洗ってローション付けろって言ってたもんね。私たちは香水付けていい匂いもしてるって。笑

*
タイツの下着で撮ってた写真を見たイ・ランのお母さんが心配してメッセージしてきたそうだけど、結局お母さんにはどうやって返事したの?

イ・ラン - あれは音楽、写真、映像であるがままの女性を描く75Aプロジェクトに参加した時の写真。75A - tumblbug.com/75aっていうのは韓国で一番小さいブラジャーのサイズ。75人のうち1人で参加しました。お母さんは「男のために脱がないで」ってメッセージしてきたけど、そうじゃなくて女の子のために脱いだって言ったら、なんだ、いいじゃんって。笑

Eb8aef4bee0893626cd6f59ec541fdaf89b52a17

*

今回イ・ランがアルバムを出した日本のレーベル、SWEET DREAMS PRESSの福田さんは、イ・ランといつからお知り合いなんですか?

SWEET DREAMS PRESS福田 - 最初はラフくんとパクくんと友達で。イ・ランは日本に来た時はヤマガタと一緒に来たんじゃないかな?(東京・幡ヶ谷)のForest Limitに来た時、のダンサーとして来たんだよね。その時納豆の缶詰くれたんだよね。缶の納豆覚えてない?

(パク・ダハムは韓国のインディーシーンの立役者。ヘリコプターレコーズのボス。映画『パーティ51』でも主要人物として登場)

イ・ラン - ん?あ~~~チョングッチャン!納豆のスープ作るやつ!

福田さん、イ・ランのアルバムの反応はどうですか?

福田 - いやー一番売れてますね。もう最初に作った分の1000枚は手元からはなくなったよ。

イ・ラン - もう追加で作った?

福田 - もうちょっと追加で作ったよ。

イ・ランはスターだね。パク・ダハムかイ・ランだね。笑

イ・ラン - 笑!パク・ダハムは、パク・ダハムは〜、スーパースターだから!!!みんな知ってる。

福田 - ほんと日本の人もみんな知ってるからね。

イ・ラン - 今は中国の人も知ってるから。笑 上海と北京に行ってたから。

今、パク・ダハムは韓国で一番大きなアートブックフェアが始まるから忙しい。ヘリコプター・レコードでカセットテープとかCDとかTシャツとか出すっていってた。東京にも来るよ。

福田 - イ・ランの1stアルバム『ヨンヨンスン』も500枚くらい売れてるよ。韓国から来てまとめて買ってる人もいた。3枚とか。イ・ランさまさまですよ。これでレーベル続けられると思って。笑

イ・ラン - ふくちゃんがんばれー!笑

_DSC9724

アルバム出してから忙しいでしょう?

イ・ラン - 今年はWebドラマ作って。NAVERで。アイドルと。SM EntertainmentのRed Velvetの子と。

韓国は今ショートフィルムとか映画のお金がないから、全部Webドラマになっちゃう。みんなインターネットばっかりみてるから、Webのコンテンツが増えてる。Webドラマ、Webの小説が増えてる。スマホで全部見ちゃうから。そのプロダクションが多い。簡単に作れるから、アイドルとかもスケジュールの合間に出たり。テレビの演技は無理だけど、Webドラマの演技だったら大丈夫みたいな。EXOとかも出てる。

福田 - 神様ごっこ終わった後にたくさんインタビュー受けてたもんね。

DAZEDとかファッション誌なんかでモデルみたいな感じで撮影してたもんね。

イ・ラン - 雑誌の人がレンタル借りてきてくれる。笑 普段着ないのに。

MAX MOVIE

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

오늘은 오늘의 화보를 찍는다

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

イ・ラン - 私、ZARA行きたいんだけど。近い?

近いよ。すぐそこだよ。ソウルにもZARAあるでしょ。何買うの?

イ・ラン - 荷物が多いから。靴が買いたい。

こっちで買うんだ。

イ・ラン - それそれ♪ソウルでチェックしてた。これ買うっていう靴。ふふふ。

おしゃれだね。乳首のピアスもしてるし。笑

_DSC9660

韓国では2010年代からフェミニズムが大きなムーブメントになってるって聞いたけど、やっぱりイ・ランも普段からフェミニズムのことを考えたり行動してるの?

RELATED

【インタビュー】Crossfaithとヒップホップ

日本を代表するメタルコアバンドCrossfaithが、最新作『EX_MACHINA』を8/1にリリースした。強烈なバンドサウンドをコアにしつつもダブステップや最新型のダンスミュージックをそのサウンドに組み込んできたCrossfaithは、今回はトラップやハードスタイルといったアグレッシブな音を昇華し...

【インタビュー】Sen Morimoto | 不確定な音楽

88risingからドロップされたMVをきっかけに大きな注目を集め、今年の5月には1stアルバム『Cannonball!』をリリースしたシカゴ在住の日本人アーティストSen Morimoto。

【インタビュー】Daichi Yamamoto & Aaron Choulai 『WINDOW』| 日本のヒップホップコミュニティーのための音楽

京都出身のシンガー/ラッパーDaichi Yamamotoと、パプア・ニューギニア生まれのジャズ・ピアニスト/作曲家/ビートメイカーのAaron Choulaiによるコラボ作『WINDOW』。2~3年前から共作を行ってきた2人による本作は、もちろんヒップホップ的な構造をとりつつも、様々なジャンルへの...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。