止まらないKanye Westの暴走。Beyonce、Jay Zやヒラリーをディスし3曲でライブを切り上げる

先日Kanye Westはライブ中に1時間以上のMCを行い、そこで先頃のアメリカ大統領選挙に触れ、投票は棄権したが、ドナルド・トランプに投票したかったと述べ、会場は大荒れ、浮遊するステージには物が投げ込まれる事態となった。

 

そして昨日行われたカリフォルニア州・サクラメントでのライブでは、なんと3曲をパフォーマンスし、15分のMCを行いライブを切り上げてしまった。

MCの中でKanyeはBeyonceやJay Z、ヒラリー・クリントン、オバマ大統領などに言及した。

Beyonceに対してKanyeは、MTVのVideo Music AwardsでBeyonceが"Formation"のビデオがKanyeの"Faded"やDrakeの"Hotline Bling"に勝ってVideo Of The Yearを受賞しなければ、パフォーマンスしないと交渉していた件について、傷付いたと話す。さらにKanyeはBeyonceの夫のJay Zにも言及、Kanyeの妻Kim Kardashianが強盗に遭った事件で、Jay ZがKanye一家の心配をしなかったことを再度非難した。「Jay Z電話をくれよ、まだ電話をしてくれない。電話をくれよ。男としておれと話そう」とKanyeはJay Zに向けてメッセージを発した。

また先日の大統領選挙に言及したKanyeはアメリカが「新しい世界」になったことを指摘し「もし古いモデルを追い続けている人は、ヒラリーに投票したんだ」とも語った。

さらに現職のオバマ大統領についても「オバマはアメリカを偉大にできなかった。なぜなら彼は彼がなりたかったはずの姿になれていないから。黒人はまだ奴隷のままだ。オバマはそれを許されなかった。彼はパーフェクトになりたかった。でもパーフェクトでいることが、何かを変えることというわけではない。おれは自分のキャリア、人生をかけて、こうして話している」と述べた。

続くKanyeのライブでの暴走劇だが、Kanyeにとってライブはもはや2020年の大統領選挙のためのキャンペーンとなっているのかもしれない。

Kanyeのサクラメントでのライブの模様は下のプレイヤーで見ることができる。

RELATED

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。