ドナルド・トランプ大統領が誕生。その時アーティストたちはどんなリアクションを?

第45代アメリカ大統領に共和党のドナルド・トランプ候補が、民主党のヒラリー・クリントンを接戦の末下し当選した。

 

FNMNLでは今回の大統領選挙を、主にアメリカのアーティストの活動を通して伝えてきたが、そのアーティストたちは、トランプの当選に対してどのようなリアクションをしたのかを紹介していきたい。

まずラッパーでは直球の"FDT(Fuck Donald Trump)"という曲をリリースし、アンチ・トランプ色を鮮明に行動してきたYGだ。

投票に行ったコンプトンの有権者にベーグルを配るという行動にもででたYGは、開票作業中は、このようなツイートをしていたが、トランプ当選が確定すると下記のようなツイートを。

"FDT(Fuck Donald Trump)"ツアーはまだまだ続くぜと、今後もアンチ・トランプのスタンスで活動していく姿勢を示した。

ヒラリーがプリントされたTシャツを着た写真が話題になったRihannaは、トランプの当選が確定するとInstagramに、トランプの写真とともにトランプが過去に発言した、「共和党支持者はこの国で1番のバカ。彼らはFoxが言ったことは全部信じる」という発言も掲載。アメリカの未来を憂いている。

???

badgalririさん(@badgalriri)が投稿した写真 -

 

投票日前日にフリーコンサートを開催し、数千人のオーディエンスと共に投票所へパレードを行ったChance The Rapperは、Twitterにコメントを投稿。

CNNの選挙番組で「この大統領選挙は変わろうとしていた国に対する、白人たちの反攻だ」という発言をしたコメンテーターのVan Jonesの発言に賛意を表明した。

またトランプ支持者から「ナチスの服を着てヒラリーの応援演説をした」と批判された(実際はマイケル・ジャクソン本人が着用していたもの)レディー・ガガは、トランプの当選が決まると、NYのトランプタワーの前で撮った写真をInstagramに投稿。人種差別主義的な政策をとるとみられるトランプに対し、「ヘイトには愛で」というメッセージを掲げた。

 

また投票日に#WeDanceWeVoteというダンスミュージックファンへ投票を促すキャンペーンを行ったDiploは、Twitterに下記の投稿をポスト。

トランプが当選した後のアメリカを、アンチ・ゲイや宗教右派、レイシストなどのキャラクターが登場する人気リアリティーショー『Duck Dynasty』の世界にたとえた悲観的な内容となっている。以前Diploはトランプが当選したらインドに移住すると言っていたが、果たして...

ここまではトランプに反対するアーティストのツイートなどを紹介してきた。さらに探せばいくらでも、あなたの好きなアーティストたちがトランプに反対してきたのが見つかるだろう。例えばDisclosureは核シェルターの購入方法を検索したり、Run The JewelsのEl-Pは地球からの脱出方法を検索していたりする。

賛成派については各自勝手に探して欲しい。

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。