オバマ大統領もレコード派?オバマ大統領のプライベートルームのターンテーブルセット

オバマ大統領はKendric Lamarのレコードを愛聴盤と答えたオバマ大統領は、そのレコードをホワイトハウスでどのようなシステムで聴いているのだろうか?

 

Architectural Digest誌は大統領のスタイリッシュな生活とインテリアを紹介。その写真の中にオバマ大統領のレコードセットも写されていた。

obama-white-house-4

アメリカのアーティストAlma Thomasの1973年の作品「Sky Light」が壁に掛けられ、マホガニのテーブルに置かれたターンテーブルは、フルオートレコードプレーヤーのDenon DP-300Fであると確認されている。そしてワイヤレスブルートゥーススピーカーのKanto YU5sを使用。値段はペアで4万円ほど。それに加えてサブウーファーのAudioengine S8も完備。これは1台で35000円。

オバマ大統領は想像していた以上にシンプルなシステムでレコードを聴いていたことが判明した。

オバマ大統領が8年間を過ごしたホワイトハウスのインテリアなどを紹介している記事はこちらから。

via Vinylfactory

RELATED

『TOKYO RECORD MARKET』とDJパーティー『EXOTIC FEELIN’』が明日同時開催

11月3日(土・祝)に、下北沢ゲージで「TOKYO RECORD MARKET」、隣接するアジア屋台酒場・ロンヴァクアンでDJパーティー「EXOTIC FEELIN’」が開催される。

YOKOHAMA RECORD MARKETが明日開催 | VIDEOTAPEMUSICやOMSBもDJで出演

横浜・みなとみらいの象の鼻テラスで、明日9/30(日)にYOKOHAMA RECORD MARKETが開催される。

霜田恵美子と蛭子能収によるジャケットも強烈な、楽しい音楽による80'sテクノポップ作が復刻

『キューピーたらこソース』のCMディレクターとしても知られる加藤良1こと加藤良助が中心となって1980年に結成された宅録ユニット、楽しい音楽。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。