Pandoraは2016年に2億530万ドルの損失を計上。12月には新有料プランをローンチ予定

ストリーミング・サービスPandoraはライバルのApple Music、Tidal、Spotifyに大きく水を開けられ、苦境が続いている。広告収入が増加し、新サービスをローンチするするPandoraは、2016年これまでに2億530万ドル(264億円)を損失として計上したことがクォータリー・レポートで判明した。

 

報道によるとPandoraの売上は年初の14億1000万ドルから13億5000万ドルまで減少。Apple Musicのアクティブユーザーの1700万人より上を行くが、アクティブユーザーも7810万人から7790万人に微減。一方Spotifyのアクティブユーザーは1億人、4000万人の有料会員を擁している。

Pandoraのライバルたちが順調に有料会員を増やしている反面Pandoraは苦戦している。打開するために今年12月にPandora PlusとPandora Premiumという2種類の月額サービスをローンチさせる。

一方Pandoraの広告収入は昨年と比べて7.5%上昇。経費はほとんど、新しい料金プランをはじめるにあたり、レーベルと新たに結ぶライセンシング契約のために使用されている。

Spotify、Tidal、Apple Musicなどに比べて安価なストリーミングサービスAmazon Music Unlimitedがスタートするストリーミング戦国時代に、Pandoraがこの状況を打開できるか。

via Reuters, FACT

RELATED

GeniusがApple Musicとパートナーシップを結ぶ│Genius内でApple Musicの楽曲を再生することが可能に

今やヒップホップファンならずともお馴染みとなった歌詞データベースサイトGeniusが、Apple Musicとパートナー契約を結んだことが明らかになった。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.75 | Lil Baby & Gunna、Anderson .Paak & Kendrick Lamarなど全35曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜日に更新。

Spotifyが10周年 | 最もストリーミングされたアーティストや楽曲のランキングを発表

世界最大級の音楽プラットフォームSpotifyは今月でローンチから10周年を迎えた。それを記念して、Spotifyがこの10年間で最もストリーミングされたアーティスト、楽曲、アルバムのランキングを発表している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。