Jay Parkが19曲入りのニューアルバム『Everything You Wanted』のトラックリストを公開。GrayやLocoなどが参加

韓国の人気ヒップホップレーベルAOMGを主宰するJay Park(パク・ジェボム)がニューアルバム『Everything You Wanted』のトラックリストを公開した。

 

Jay Park

『Everything You Wanted』は全19曲収録で、AOMGに所属するプロデューサーのCha Cha Maloneがタイトルトラックを含め15曲を手がけている他、若手プロデューサーGroovy RoomやAOMGのGrayもプロデュースを行っている。フィーチャリングされているのはLocoやGray、Hoody、ELO、Sik-Kなどだ。

『Everything You Wanted』からはすでに"Me Like Yuh"と"All I Wanna Do"、"Aquaman"、"사실은" ("The truth is")が公開されていて、今後シングルとして"Stay With Me"が先行リリースされる予定となっている。

Jay Parkの新作『Everything You Wanted』は10/20にリリース予定。

 

RELATED

『YOUNG TOKYO FESTIVAL』にJay Parkなどの追加出演が決定

日本人アーティストが世界で活躍できる環境を作るためにアメリカの「YOUNG CALIFORNIA」の協力を得て発足された『YOUNG TOKYO FESTIVAL』が2019年3月2日(土)にagehaで開催される。

Jay Parkが2 Chainzをフィーチャーした新曲“Soju”をリリース

Jay ZのレーベルRoc Nationに所属し、自身でもレーベルAOMGを運営する韓国のラッパーJay Parkが、2 Chainzをフィーチャーした新曲“Soju”を発表した。

【ミニインタビュー】Mischief | 韓国ウィメンズストリートブランドの先駆け

韓国のウィメンズストリートブランドの先駆けMischiefが4月に原宿・TOXGOで初のPOP UPを開催。POP UPではMischiefの新作をはじめ、VERDYによる"Girls Don't Cry"との限定アイテムも発売され、開店前には多くのファンが列をなした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。