PUMAとポーランドのブランドUEG重力への抵抗をテーマにしたコレクション

PUMAがポーランドのワルシャワ発のブランドUEGとの初めてのコラボ・コレクションを発表する。

Michal Lojewski(ミハウ・ウォイェフスキ)のブランドであるUEGはイタリア語の“USA E GETTA”(使用して破棄する)の頭文字から来ており、消費というコンセプトをちょっと皮肉って表現している。

今回のコラボテーマであるPUMA X UEG GRAVITY RESISTANCE(プーマと UEG(ユーイージー) による重力への抵抗)は人間の向上心や探究心、全てを超越する欲求からインスピレーションを受けている。自らの限界を突破していくスポーツや宇宙探検をメタファーとして、宇宙服からインスピレーションを得たデザインになっている。

シンプルなシルエットのアパレルとシューズに緊急ボタンを模したグラフィック言語がプリントされ、重力と一般的な規制からの解放の欲求を表現。

Court Play x UEG は、プー マの最新スタイルの Court Play に UEGのデザイン DNAが落とし込まれている。ソール側面に目立つように表現されたメッセージのグラフィックに 加え、ハイテク素材と再起反射材がCourt Playを未来的なモデルに仕上げている。

同じ手法を用いて、UEGはプーマのクラシックスタイルを作り変えた。Court x UEG は現代的で洗練されていて、ファッションアイテムのタグをモチーフとした熱圧着されたタンのラベルが特徴。この現代的なツイストの効いたクラシックタイプのスニーカーは、今シーズンのキースタイルの1つだ。

PUMA X UEGのコレクションは日本ではGR8、UN ROUTE銀座にて9/21(水)17:00〜アーリーロウンチ、9/24(土)よりプーマストアやpuma.com をはじめ、そしてプーマ取 扱のうち限定店舗のみで販売される。

 

PUMA(楽天)

RELATED

PUMAの生み出したクラシック・スニーカー『SUEDE』の進化版『SUEDE IGNITE』

1968年に登場して以来PUMAのクラシックなスニーカーであり、シンボル的な存在の『SUEDE』の進化版『SUEDE IGNITE』が誕生した。

PUMAとspoken words projectのコラボ第3弾『ewohaku(絵を履く)』

PUMAが飛田正浩が手がけるファッションブランドspoken words projectとのコラボスニーカー第3弾を発表した。今回は『ewohaku(絵を履く)』がテーマだ。

PUMAがスポーツ×ストリートにインスパイアされた新モデル『TSUGI SHINSEI』

PUMAが展開中のRun The Streetキャンペーンから、スポーツに影響を受けたストリートスタイルを落とし込んだ、新モデルスニーカー『TSUGI SHINSEI』を発表した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。