「やっと日常に戻ることができる」オーストラリアの裁判所が、シドニーの風営法ことロックアウト法はクラブに適用されないとの判決

MUSIC  2016.08.30  FNMNL編集部

先週木曜日、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の最高裁判所は、クラブ・パブ等の営業を制限する法律「ロックアウト法」がライブハウス、クラブ、ストリップバーに適用されないことを認めた。

 

シドニーではドラッグの乱用やアルコールによる暴力事件などが多発していたため、政府は2014年からロックアウト法を導入した。シドニーのキングズ・クロスなどの都心部を対象にして、蒸留酒のストレートでの提供を午後10時まで、客の入店を午前1時30分まで、午前3時以降のアルコール類の提供を法律で禁止した。

その結果都心部の地域では暴力事件が32%減ったという効果もあらわれたが、飲食業界、アルコール販売業界、音楽産業側からは絶えず批判の声が上がっていた。 今回、外国人観光客が滞在するホテルのバーがこの法律を適用しないよう訴えており、先週下された判決で、司法省長官はクラブやバーなどのベニューがロックアウト法に適用される権利を持たないことが認められた。

シドニー市長のClover Mooreも、ライブハウスやクラブなど、きちんと管理され経営されている場所は法律による規制の対象にしないよう求めていた。今回の判決を受けて、クラブやバーなどの施設はロックアウト法の規制を受けず、営業できることになったが、2014年の法律導入以降、音楽産業は多大なダメージを受けたままである。解決されたわけではないドラッグやアルコールの問題と含めて、これから課題は山積みだ。

via yahoo7 news

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE