ヒップホップ草創期を描くドラマ『ゲットダウン』のジャパン・プレミアに豪華ゲストが登場

CULTURE  2016.08.10  FNMNL編集部

『ロミオ+ジュリエット』や『華麗なるギャッツビー』で知られる映画監督バズ・ラーマンがメガホンをとる、Netflixのオリジナルドラマ『ゲットダウン』がいよいよ今週金曜8/12から配信開始となる。それに先立ち8/9に恵比寿ガーデン・ルームでジャパンプレミアが行われ、『ゲットダウン』のジャパン・アンバサダーのEXILE USAやゲストのエリーローズ、佐原モニカが登場した。

70年代後半のニューヨークを舞台に、ヒップホップカルチャー誕生の瞬間を5人のティーンエイジャーたちを通して描く『ゲットダウン』についてUSAは「ダンスや音楽、ファッション、自分のルーツであるヒップホップカルチャーがつまった作品で、70年代の劣悪な環境のサウスブロンクスで立ち向かう若者の姿に感動した」と述べた。モデルやDJとしても年間60本プレイするエリーローズはこの日『The Get Down』と同時期に生まれた自らが所有するChicなどのレコードを持ち込み「1枚の大切なレコードをDJにプレイさせて、男の子が女の子を口説こうとするクラブのシーンに共感できる」とDJ目線でのコメントを述べた。

ゲットダウン

またエリーローズと個人的に親交の深いモデルの佐原モニカは「ドラマの中に登場する70'sのスタイルを取り入れたファッションは、いま着ても全然おかしくない。恋愛模様もプレイされる曲もフレッシュ」とモデルならではの意見。さらにエリーローズも「いまハイブランドがこぞって70年代のスタイルをリメイクしているから『ゲットダウン』のファッションを真似したくなる。パーティーの前におしゃれする女の子たちの気持ちはわかるし、パーティーに行く前のコーディネートからパーティーは始まっている」と加えた。

またUSAは自分がプロとして活動しはじめた時代も振り返り、まだプロダンサーの地位が確立していないデビュー当時に観客が0人の状態でライブを行ったエピソードを披露し、『ゲットダウン』の少年たちの姿に、仲間と一緒に頑張ってた当時のことが重なると述べた。また『ゲットダウン』はヒップホップの根源にある「いまある常識を壊し、新しいものを作るエネルギーがつまった作品」と賞賛のコメントを送った。

『The Get Down』の第1部は全6話。8/12にNetflixのみで配信開始される。https://www.netflix.com/jp/title/80025601

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE