ヒップホップ草創期を描くドラマ『ゲットダウン』のジャパン・プレミアに豪華ゲストが登場

『ロミオ+ジュリエット』や『華麗なるギャッツビー』で知られる映画監督バズ・ラーマンがメガホンをとる、Netflixのオリジナルドラマ『ゲットダウン』がいよいよ今週金曜8/12から配信開始となる。それに先立ち8/9に恵比寿ガーデン・ルームでジャパンプレミアが行われ、『ゲットダウン』のジャパン・アンバサダーのEXILE USAやゲストのエリーローズ、佐原モニカが登場した。

70年代後半のニューヨークを舞台に、ヒップホップカルチャー誕生の瞬間を5人のティーンエイジャーたちを通して描く『ゲットダウン』についてUSAは「ダンスや音楽、ファッション、自分のルーツであるヒップホップカルチャーがつまった作品で、70年代の劣悪な環境のサウスブロンクスで立ち向かう若者の姿に感動した」と述べた。モデルやDJとしても年間60本プレイするエリーローズはこの日『The Get Down』と同時期に生まれた自らが所有するChicなどのレコードを持ち込み「1枚の大切なレコードをDJにプレイさせて、男の子が女の子を口説こうとするクラブのシーンに共感できる」とDJ目線でのコメントを述べた。

ゲットダウン

またエリーローズと個人的に親交の深いモデルの佐原モニカは「ドラマの中に登場する70'sのスタイルを取り入れたファッションは、いま着ても全然おかしくない。恋愛模様もプレイされる曲もフレッシュ」とモデルならではの意見。さらにエリーローズも「いまハイブランドがこぞって70年代のスタイルをリメイクしているから『ゲットダウン』のファッションを真似したくなる。パーティーの前におしゃれする女の子たちの気持ちはわかるし、パーティーに行く前のコーディネートからパーティーは始まっている」と加えた。

またUSAは自分がプロとして活動しはじめた時代も振り返り、まだプロダンサーの地位が確立していないデビュー当時に観客が0人の状態でライブを行ったエピソードを披露し、『ゲットダウン』の少年たちの姿に、仲間と一緒に頑張ってた当時のことが重なると述べた。また『ゲットダウン』はヒップホップの根源にある「いまある常識を壊し、新しいものを作るエネルギーがつまった作品」と賞賛のコメントを送った。

『The Get Down』の第1部は全6話。8/12にNetflixのみで配信開始される。https://www.netflix.com/jp/title/80025601

RELATED

Netflixオリジナルドラマ11作品を山崎まどか、小林雅明、長谷川町蔵などライター陣が徹底解剖した書籍が刊行

世界最大手の定額制動画配信サービスNetflixが製作・配信する珠玉のオリジナルドラマシリーズ11作品を、11名のライター陣が徹底解剖した書籍『ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix(仮)』が刊行される。

Netflixで音楽の歴史を紐解く新シリーズ『ReMastered』がスタート

世界最大級の動画配信サービスNetflixで、音楽の歴史を紐解く新シリーズ“ReMastered”がスタートする。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』に出演するフィン・ヴォルフハルトのバンドCalpurniaの初来日公演が決定

Netflixの大人気シリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のマイケル・ウィーラー役でブレイクしたカナダ出身の15歳の俳優フィン・ヴォルフハルトがメンバーのバンドCalpurnia(カルプルニア)の初来日公演が決定した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。