BeyonceがFormation World Tourで1億2300万ドルの利益を出す

2016年4月27日から10月2日まで約半年をかけて行われているBeyonceのFormation World Tour、コンサート主催者のLive Nationが提出したボックスオフィスでのチケット売上数によると、現時点で1億2300万ドルの利益を出していることをBillboardが報告した。ソールドアウトとなった7月14日までのアメリカ、カナダで最初に行われた23幕のコンサートの時点で総集客数は972,719人にまでなった。

By Ibuki Kasai

現在はツアーの第2部の終わりに近づいており、5週間にわたってヨーロッパの12カ国16シティーをまわっている。6月28日にイギリスでスタートし、8月3日にバルセロナのオリンピックスタジアムで大陸最後のショーを迎える。その後アメリカに戻り各シティーでのショーが待ち構えている。

またBillboardはこのFormation World Tourの収入と他の人気のあった大物アーティストのツアーを比較しレポートしているが、Justin Bieberが1700万ドル、それに続いてBruce Springsteenとthe E Street Bandが1300万ドルとBeyonceには届かない。

アメリカに戻ってからの公演は、9月7日のニュージャージーから始まり、10月2日に予定されている最終公演はナッシュビルのニッサン・スタジアムで開かれる。

Via Billboard

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

オバマ前大統領がミシェル・オバマ夫人の講演会にサプライズで登場し、自身を「Beyonceのライブに登場したJay-Z」に例える

オバマ前大統領が大のヒップホップファンということは広く知られている。そんな彼がミシェル・オバマ前大統領夫人の講演会にサプライズゲストとして登場し、自身をJay-Zに例えたことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。