現代美術の「怪獣性」に焦点をあてた現代美術展が原宿 BLOCK HOUSEで開催へ

CULTURE  2016.07.20  FNMNL編集部

7月29日(金)~8月7日(日)まで、原宿 BLOCK HOUSEを会場に松蔭浩之・田中偉一郎2人展「怪獣」が開催される。庵野秀明による映画『シン・ゴジラ』の公開も迫り改めて怪獣の存在に注目が集まる昨今、実は現代美術も怪獣と深いつながりを持っていることを示す展示になっている。

文明に抵抗する原始の化身のごとく、怪獣の多くは自然の向こうからやってきて都市を破壊する。映画「ゴジラ」(1954年公開)以降、あらゆる作品を通じて人気を集める一方で、たとえば成田亨が手がけた先鋭的な造形などから、次第にその現代美術性をうたわれるようになってきた。

相対的価値や社会的主張を作品から払拭し提示する田中偉一郎と、多様な文化から表現のエッセンスを抽出し応用する松蔭浩之、彼らの作品は共通してまるで都市を破壊する怪獣のように、美術の「本質=原始」の化身として暴走する流行や風潮に抗ってきた。

本展では二名の過去作および新作を戦闘のように対峙させ、「怪獣における現代美術性」と「現代美術における怪獣性」のオーバーラップを図っている。それぞれが抱く現代美術の「原始」を鮮やかに映し出し、同時に、現代美術が怪獣とおなじように刺激的で面白いものであることを強調した内容となっている。

<Event Info>

怪獣-1

松蔭浩之×田中偉一郎「 怪 獣 」

【出 展】松蔭浩之、田中偉一郎
【会 期】2016年7月29日(金)~8月7日(日)[休廊日なし]
【時 間】12:00~20:00
【会 場】BLOCK HOUSE B1F/4F 東京都渋谷区神宮前6-12-9
【 WEB 】http://gigmenta.com/2016/kaiju
【出展作家プロフィール】

●松蔭浩之
1965年福岡生まれ。1987年大阪芸術大学写真学科卒業。美術から文学、音楽まで、あらゆるインスピレーションがこめられた作品は一見ポップで華美であるが、その奥底には自らが抱く危機感やフェティシズムといった暗部の意識が潜む。扱う媒体は写真をはじめ、映像、インスタレーション、パフォーマンスなど様々。近年の個展に、2010年「KAGE」、2000年「STAR」(ともにミヅマアートギャラリー)が挙げられる。「コンプレッソ・プラスティコ」として90年ヴェネチアビエンナーレ・アペルト部門に世界最年少で出展以降、「ゴージャラス」などアートユニットやグループでの活動も重ねながら、個人としても多くの国際展に起用されてきた。会長を務める「昭和40年会」としては、2013年から瀬戸内国際芸術祭にも参加。

●田中偉一郎
1974年愛知生まれ。1997年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科を卒業後、2001年東京藝術大学大学院デザイン専攻修士課程を修了。作品に社会性や相対的価値を問わず、ノーメッセージを旗印とする。ダルマやこけし…身近な素材の既視感をあやつり追求された「くだらなさ」は鑑賞者の笑いを誘うが、その一方では極めて純粋な美術の本来のあるべき姿を問う。近年の個展に2011年「平和趣味」(ユカ・ササハラギャラリー)、2015年「芸術はノー・ビジョン」(高梁市成羽美術館)などがある。また、2007年には「六本木クロッシング:未来への脈動(森美術館)」にてオーディエンス賞を受賞。2013年には「焚き火ロボ」が岡本太郎現代芸術賞に入選した。
【関連イベント】
・松蔭浩之&田中偉一郎 怪作上映会
日時:期間中毎日18:00~(※パフォーマンス開催時を除く)
場所:BLOCK HOUSE B1F
入場無料/予約不要

・出展作家2名による「金曜スペシャル☆原宿トークギグ」
日時:7月29日(金)18:00~20:00
場所:BLOCK HOUSE 4F
入場無料/予約不要

・松蔭浩之による”伝説”のパフォーマンス「ECHO」
出演:松蔭浩之+有馬純寿
日時:7月31日(日)19:00~20:00
場所:BLOCK HOUSE B1F

・神なるゲスト大降臨!怪獣ファン必見の会期末トークショー
※詳細はHPで発表。豪華ゲスト登場予定

企画:羽吹理美
主催:美学校・ギグメンタ実行委員会
協力:BLOCK HOUSE、ミヅマアートギャラリー
助成:公益財団法人朝日文化財団

MUSIC

FASHION

CULTURE