大麻製品企業がNBAプレイオフのTV中継をスポンサー

全米数百万のファンがテレビの前に釘付けになるNBAのプレイオフシリーズ、アメリカでも屈指の視聴率を誇るこの中継の今年の30秒スポットCMに、Black Magicという大麻専門の栽培製品を製造販売する企業が登場し話題となった。

このBlack Magicという企業、実は1868年オハイオで創業され、現在は全世界の都市にオフィスと研究施設を構え3,000億円以上を売上げるホームガーデン製造販売企業「Miracle Gro」の子会社であることが判明した。

Indoor marijuana grow room with plants in soil under lights

同社は昨年、全米で合法化が進み急成長するマリファナ市場に少なくとも数百億円単位で投資をしたという。Forbesがこの企業のCEO Jim Hagedornにインタビューした記事によると、カリフォルニアに籍を置く二つの「大麻栽培専門の土と肥料の製造企業」に$135m(本日付の為替レートで約130億円)、大麻栽培専門のライトと水耕栽培システムを製造するアムステルダムの企業に$120m(約120億円)、そしてその他の企業に対し今期末までに約150億円の投資を約束しているという。

CEO Hagedornによると、「マルチビリオンダラー(数千億円)で急成長する大麻産業に、自分たちのコアビジネスである栽培製品の販売で参入しないなんて馬鹿げている」、「大麻ビジネスへの参入が気に入らない者は会社を去るべきだ」とも語っているらしい。

同社は、すでに水耕栽培システムの新製品を発売し、州法で解禁となったコロラド州、ワシントン州、ミシガン州などの141店舗のHome Depotに商品を流通させており、様々な肥料をブレンドされた土肥料製品と合わせ巨大な売上を生み出していると言う。

実際に放映されたこのBlack MagicのCMを見ても感じられるように、アメリカで誕生している新たなGrowers(栽培家)は、若者にとって魅力的でクールな職業としてブランディングされ、さらに多様な関連事業を生み出し、大麻産業は超巨大なビジネスへと成長していくことを確信させる。

RELATED

タイで医療用大麻の使用を認める法案が可決され東南アジア初の容認国に

以前、タイの国会において医療用大麻の使用を認める法案が提出されたことを報じたが、昨日、無事法案が可決された。これによりタイはアジア初の容認国となる。

マクドナルドの会計をマリファナで支払おうとした男が逮捕

アメリカはフロリダのマクドナルドにて珍事件が起こった。マクドナルドの会計をお金ではなくウィードで支払おうとした男が逮捕されたというのだ。

Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並並ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。