ロンドンのフェスがAzealia Banksの出演を取りやめる事態に

MUSIC  2016.05.12  FNMNL編集部

ロンドンのラジオ局Rinse FMが主催するBorn & Bred Festivalは、ヘッドライナーに据えていたAzealia Banksの出演をキャンセルした。彼女のTwitter上での反同性愛や人種差別的なツイートを問題視した措置とみられる。

事の発端は、Azealia Banksが元One DirectionのZayn Malikのミュージックビデオが自分のビデオに似ているとInstagramで指摘したことに始まる。Zayn Malikはそのことを意に介していない様子であったのが、彼女の気に触れたのか、Malikを’Sand Nigga’、’Faggot’、’Paki’などという反同性愛と人種差別の罵倒を続けた。そして、彼女の母親を「亡命も認められないほど汚い難民」と罵った。

それをNight SlugsのBok Bokが「(そんな差別発言するようなやつは)おれの音楽を全部消してくれ」と彼女に向けてツイートしたところ、「Kelelaだけは残すわ」と返信。グライムDJ Logan Samaが「こんなやつがBorn & Bred Festivalに出演するというのなら、ボイコットする」とツイート。様々な怒りの声がUKのアーティストが上がった。

その声に答えてBanksは「UKのやつはラップできないけどね。UK RAPってのはRAPカルチャー一般にとっての恥でしかない」と宣戦布告。それに対してBBC 1XtraのDJ Targetがちくりとやり返したり、グライムクルーRoll DeepのMangaは「フォロワー4のたまごアカウントみたいなツイートをするなAzealia Banksは」とツイート。

その他多くの音楽ファンらが怒りを表明したり、「昔からこうなんだから・・・」と話題にする中、Rinse FMが主催するBorn & Bred Festivaは、騒動から24時間経たないうちに、Azealia Banksをラインナップから外すことを決断。Rinse FMの創始者Geeniusは、Azealia Banksのキャンセルが発表されたが「未だに誰もチケットの払い戻しをいってこないよ」とツイートした。

その後もAzealia Banksは謝罪ではない謝罪をしてみたり、全方向に向けたヘイトツイートを連発し、5月13日未明、Azealia BanksのTwitterアカウントは凍結された(今は復活している)。

MUSIC

FASHION

CULTURE