Rihannaの”Work”をMurloがソリッドなダンスホールチューンにリミックス

MUSIC  2016.03.22  FNMNL編集部

ビルボードチャートのトップに現在までで4週連続で輝くなど、その勢いが止まることを知らないRihannaの新しい代名詞ともいえる”Work”。すでに様々なリミックスが作られているが、昨日新たにUKベースミュージックシーンの人気プロデューサーMurloのリミックスが彼のSoundcloudで公開された。

このリミックスはMurloが得意とする浮遊感のあるテイストのダンスホールバイブスを持ったトラックとなっていて、R&Bファンからもベースミュージックファンからも支持されそうだ。Murloは昨年、USのレーベルMixpakから不思議な感触のシンセワークを武器にレゲトン、グライム、ファンキーと縦横無尽にジャンルを横断したEP『Odyssey』をリリースしている。

同曲は、Mad Decentなどで活躍するUSベース新星Bad RoyaleやEDMアーティストR3HABなどが参加したオフィシャルのリミックスEPも同じく昨日公開されたが、こちらは現在TIDALのみでの配信となっている

MUSIC

FASHION

CULTURE