Chief Keef

A$AP Rockyが『Cozy Tapes Vol. 2』に収録予定のPlayboi CartiとChief Keefとのコラボ曲をプレビュー

A$AP Mobのコンピレーション『Cozy Tapes Vol. 2』は、今週金曜日8/25にリリースされる。

Travis Scottが南アフリカの子どもたちにChief Keefと勘違いされる | 追記Travis Scottは完全否定

Travis Scottは現在開催している『Bird’s Eye View tour』で南アフリカのヨハネスブルグに滞在した際、近隣の街を訪問し子供達に熱烈な歓迎を受けた。

「Ayy」というフロウがどうやってヒップホップでトレンドになったのかを明かすムービー

歌詞サイトのGeniusが1本の興味深いムービーを公開した。それはいわゆるマンブルラッパーと言われる若手たちが、多用する「Ayy」というフロウが、どうやってヒップホップに広まっていったかというものだ。

Chief Keefが「新世代のラッパーに影響を与えたのは自分だ」と語る

昨年はほぼ沈黙を守り続けてきたChief Keefだが、今年はミックステープ『Two Zero One Seven』や、まさかのダンスホールチューンで驚かせてくれた “Can You Be My Friend"など精力的なリリースを続けている。

FNMNL編集部が選ぶ1月のベスト6リリース

早いもので、もう2017年最初の一ヶ月が過ぎた。1月から様々な音楽ニュースが飛び交ったが、今月のビッグトピックといえばMigosのアルバム『CULTURE』のリリースだろうか。様々な要因があったとはいえ、このアトランタの特異なラップトリオのアルバムがこれほどまでに待望されるとは、にわかには信じがたい。日本にいるからわからないだけかもしれないが、知人と何度「Migosが売れてるのって、信じられないよね」という会話をしたかわからない。

Chief Keefが強盗傷害の容疑で逮捕される

Chief Keefが自身の楽曲のプロデューサーでもあったRamsey Tha Greatの家に侵入し、Ramseyに暴行を加え現金などを奪った容疑で逮捕された。

Chief Keefが偽のインタビュー記事にブチ切れ。2015年以来となる新作『Two Zero One Seven』もリリース

シカゴ出身で現在はLAを拠点にするラッパーのChief Keefは、なかなかインタビューを受けないことで有名だ。

6秒間動画のVineがサービスを終了。Vineから人気に火がついたヒップホップの楽曲とは?

「Vineは音楽プローモーションのとしての影響力が抜群で、Vineのおかげで世に広まった曲やミュージシャンがたくさんいる。」米メディアのThe FADERは記事でこのように謳っている。

Chief Keefが髪色が派手なラッパーを批判、そして2017年のカムバックを約束

Chief Keefが最近のライブステージで、新顔のラッパーたちついて批判した。そして2017年にメジャーシーンにカムバックすることもファンに約束。

Chief Keefを聴かせると泣き止む赤ちゃん

アメリカの掲示板サイトRedditで1本の動画が話題になっている。それは家の中で赤ちゃんが泣き叫んでいる様子を映したビデオだ。ここまでだとよくある微笑ましいホームビデオの1つだと思うだろう。