MFSが2nd EP『style』をリリース

大阪を拠点に活動する新鋭Hip HopコレクティブTha Joinz所属の最注目新星ラッパーMFSが自身2作目のEP 『style』をリリースする。

昨年4月、わずかラップ歴1年半にしてリリースされた1st EP 『FREAKY』が話題を呼び、その後Red Bull のサイファー企画 『RASEN』への出演やビッグネームへの客演など、瞬く間にプロップスを獲得したMFS。

『style』は前作同様、客演を入れないソロ作品という形を取りつつ、オールプロデュースを務める盟友3chの織りなす変幻自在なビートとMFSの抑揚が効いたラップスタイルが見事に融合し、非常に色彩豊かな作品となっている。また、MFSの最大の特徴である独特なワードセンスに加え、愚直さとユニークさを兼ね備えた唯一無二のHip Hopアティチュードが前面に表現されている。

MFSワールドに誘う“intro”から2曲目“when i was young”の流れは期待感を一気に高め、そこからMFS節とも言える日本語、英語を交えたエッジの効いた独特な言い回しとバラエティに富んだフロウの畳み掛けで聴く者全員を踊らせる。中盤に“skit”を挟んで以降は、重めのビートを基調にジャンルレスなエッセンスを含んだ強烈な音楽性で、説得力と貫禄を感じさせる。
そして、今作のラストを飾る“screw it”の圧巻の仕上がりにも注目。

今回はリリースプロモーションとして大阪発のB-boyジャズバンドSATTU_CREWとのバンドセットライブの映像収録も自らオーガナイズ。

先日リリースされたTha Jointzの“Ai Yaiyaiyai (Remix)”も話題を呼ぶ中満を辞してリリースされる『style』。まさに彼女にしか出来ないスタイルを提示した一作に仕上がっている。

Info

MFS - 『style』

https://linkco.re/E342purq

related

ヒップホップフェスティバル『POP YOURS』のNEW COMER SHOT LIVE出演者によるフリーライブがWWW Xで開催 | Candee、eyden、homarelanka、JUMADIBA、MFS、Skaai、Sound’s Deliが出演

5月21日(土)、5月22日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催される国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』。

KM、JNKMN、Leon Fanourakis、MonyHorse、SPARTA、MFSによる“Beyond The Lines”がリリース

KMのビートにJNKMN、Leon Fanourakis、MonyHorse、SPARTA、MFSがラップで参加した“Beyond The Lines”が11月5日(金)にリリースされる。

Kojoeが3年ぶりのニューアルバム『HALF TIME』を5月にリリース | ISSUGI、BUPPON、MFSなどが参加

楽曲以外にもユニークな活動で注目されているKojoeが、約3年ぶりとなる最新アルバム『HALF TIME』を5/19(水)にリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。