My Classics Vol.15|サーヤ(ラランド)

連載『My Classics』。この企画ではアーティストやデザイナーなどのお気に入りの一品と、これから欲しいアイテムや気になっているものを紹介していく。普通のインタビューでは中々見ることのできないアーティストの嗜好や素顔などが垣間見えるものに。

第15回目には、お笑いコンビ・ラランドのサーヤが登場。学生時代からヒップホップなどの音楽が好きだったそうで、芸人だけでなくCLR名義でアーティスト活動も行なっている。お笑いと音楽、ファッションなど、クリエイティブな彼女に、お気に入りについてインタビューを行った。

取材・構成:島田舞

写真:Cho Ongo

 - このお店はいつぐらいから来ていますか?

サーヤ - 大学の頃近かったので吉祥寺によく来ていて、その頃からです。でも最近はあまり来れてなくて久しぶり。外で飲めるのは最高ですね。ハーモニカ横丁はよく来ていて、美舟っていうお店もおばあちゃんの作る和食って感じで凄く美味しくておすすめです。カンガルーの唐揚げとか変わったメニューもあります。映画「火花」でも使われていたお店です。

 - このお店のおすすめメニューは?

サーヤ - 串焼きは間違いなくて、必ず頼むのはラムチョップとゴーヤとハツですね。

 - お酒は結構飲まれますか?

サーヤ - 飲みますね。テレビの収録とかでも飲む機会あるし、家でも飲みます。

 - 最初から焼酎なんですね。

サーヤ - そうなんです(笑)焼酎ソーダ割りですね。ハイボールか焼酎、調子いい時はワインか日本酒も。

 - お酒かなり強そうですね。お酒での失敗談などあれば教えてください。

サーヤ - 大学の時、飲みすぎてよく電車を乗り過ごして高尾山に辿り着いていたので、母親が心配してGPSアプリで私の位置情報をチェックしてました。帰る時間に、寝たまま最寄駅を通りすぎないように(笑)

 - お気に入りのアイテムに、ブレスレットBulyのマッチ、ボディオイル、Lincのホームフレグランスをあげてもらっています。

サーヤ - 仕事柄人から頂く機会が多くて、おすすめして頂いたものを使ってます。Bullyはオイルやマッチ式のお香が好きです。ありきたりな香りではなくオリジナリティを感じます。

Bullyのオイル
Bullyのマッチ
Lincのホームフレグランス

サーヤ - Lincは、元々現場でヘアメイクさんがLincのヘアバームをつけてくれた時にあまりにもいい香りでどこのものか聞いたのがきっかけです。その場で検索したらバーム以外にもホームフレグランスも売ってるのを知って即購入しました。家に遊びに来た友人にもどこのか聞かれたりして人気ですね。

 - サーヤさんといえば金髪が特徴的ですが、いつからされているんでしょうか?

サーヤ - 2年前のM-1くらいからですかね。

 - ヘアスタイルってその人の印象を大きく左右しますが、イメチェンをきっかけに仕事に影響はありましたか?

サーヤ - それくらいくらいからだんだんと露出が増えてきたので、なんとなく転機のきっかけの一つになったかもしれないです。

 - これから欲しいアイテムが、バレンシアガのスニーカーとバーバリーのコートとのことで、この理由を教えてください。

サーヤ - 普段の服装が凄くカジュアルなので、ちゃんとした服を持ってないんですよ。だからたまにはブランドもの買おうと思って(笑)。

 - 確かに仕事柄フォーマルな場面だと困ることがあるかもしれませんね。あと、いいものを買うことで仕事への意欲にも繋がったり。

サーヤ - そうですね。更に仕事頑張ろう!みたいな。

 - サーヤさんはCLR名義での音楽活動もされていますが、元々ヒップホップなどの音楽も好きだそうで。

 サーヤ - ヒップホップは学生の時からなんとなく聴いてたんですが、相方もかなりヒップホップ好きなので、その影響でもっと聴くようになりましたね。出囃子はJJJのwakamatsuを使わせてもらっています。

 - 相方さんもお好きなんですね。ヒップホップといえば、ニート東京にも出演されていましたが。

サーヤ - ずっと出たかったんですよね。たまたま機会があって。

 - Instagramなどでラップもしてますね。

 サーヤ - 仕事とか色んなことに対しての不満をリリックに書いてたら自然と完成したので載せてます。基本ネタも歌も怒りや不満がエネルギーになることが多いです。

 - 最近聴いているアーティストさんはどのあたりですか?

 サーヤ - そんなに詳しくないですけどK-popだとNCTとか。オカモトレイジくんがおすすめしてくれて、ずっと聴いてます。

 - NCTを始め、最近のK-popはヒップホップのエッセンスが強めなので聴きやすいですよね。

 サーヤ - そうですね。あとはおすすめとかプレイリストに出てきたのを色々聴いてるんですけど、AUDREY NUNAって人にハマってます。楽曲だけじゃなく、PVのアートワークとかもスタイル大好きです。

 - 最後に、今後どういう活動をしていきたいですか?

 サーヤ - いつか自分の中で信念がもっと強くなった時には、ファッションブランドを作ってみたいですね。あと今年は音楽活動にももっと力を入れていきたいです。専門でやっている方々をリスペクトしながら、失礼のないように色んなことに挑戦していきたいです。

 - ありがとうございました。

Info

サーヤ(ラランド)Instagram:https://instagram.com/sa__yah?utm_medium=copy_link

related

My Classics Vol.14|YamieZimmer

第14回目には、ビートメイカーのYamieZimmerが登場。彼の地元・根岸駅にある中華屋の三和で、最近の制作事情や先日リリースした2ndアルバム『TEMPLATE』に加え、地元について、周辺のラッパー達との繋がりについてなどを訊いた。

My Classics Vol.13|FACE

第13回目には、コミカルかつポップでながら、どこかシニカルな表情の顔が印象的な人物を描くイラストレーター / アーティストのFACEが登場。

My Classics Vol.12|迫田将揮(BARBER SAKOTA)

第12回目となる今回は、その高いセンスと人柄で多くのファンを持つ下高井戸の床屋「BARBER SAKOTA」の名物店主・迫田将揮をフィーチャー。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。