KMの2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』がアナログ化

現在日本で最も影響力のあるプロデューサーの一人であるKMが昨年6月にリリースした2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』のアナログ盤が5月18日(水)に発売される。

ゲストにLEX、JJJ、Campanella、田我流、Daichi Yamamoto、(sic)boy、Lil’Leise But Gold、C.O.S.A.、Kvi Baba、NTsKi、SPARTA、Taeyoung Boyなど、KMが信頼を寄せる才能たちをフィーチャーした『EVERYTHING INSIDE』。Daichi Yamamotoを迎えた"MYPPL"がオープニングを飾り、"Stay (feat. LEX)"、"The Way (feat. C.O.S.A.)"、"blinded love (feat. (sic)boy)"などトラップ調のビートとラップをメインとしながら、メロウな旋律と破壊的な歪みが独特のバランスで共存した楽曲を収録。他にも軽快なダンスチューンの"Filter (feat. JJJ & Campanella)"や、田我流のエモーショナルなラップが痛快な"Distortion"、近未来的なR&B調ポップ、ボーカルチューン"Every Time (feat. MANON & HNC)"、"Nova (feat. NTsKi)"など多彩な内容となっている。

ヨーロッパを代表する世界的なグラフィティライターZEDZが手掛けたアートワークからも感じ取れるように、ヒップホップの枠組みに囚われず新しい領域に挑戦した、フューチャリスティックな作品がアナログ化。ファン必携のアイテムとなる。

Info

KM『EVERYTHING INSIDE』 (2LP)
発売日:2022年5月18日(水)価格:4,600円+税レーベル:Mary Joy / JET SET
品番:JSLP150
形態:2LP収録曲目:
SIDE A
1. MYPPL (feat. Daichi Yamamoto)
2. Filter (feat. JJJ & Campanella)
3. Distortion (feat. 田我流)

SIDE B
1. The Way (feat. C.O.S.A.)
2. blinded love (feat. (sic)boy)
3. Stay (feat. LEX)
4. Leave (feat. Lil' Leise But Gold)

SIDE C
1. What Is Love (feat. Kvi Baba)
2. Every Time (feat. MANON & HNC)
3. nothing outside

SIDE D
1. Nova (feat. NTsKi)
2. Family (feat. SPARTA)
3. EVERYTHING INSIDE
4. i (feat. Taeyoung Boy)

■JET SET Online Shopにて予約受付中
https://www.jetsetrecords.net/i/414005945029/

RELATED

KMとTJOによる新ユニットSloppy DiskがEP『So Sloppy Vol.1』をリリース

トッププロデューサーのKMと人気DJのTJOが新ユニットSloppy Diskとして初のEP『So Sloppy vol.1』を本日11/1(水)にリリースした。

【インタビュー】(sic)boy × KM 『HOLLOW』 | 常に実験中

K-POPの躍進を感じる今日この頃。10年来のファンとしては嬉しさを感じつつ、同時に日本の音楽もどんどん世界に届いたらもっと嬉しいな、とも考えてしまう。そんな時、(sic)boy&KMのメジャー1stアルバム『HOLLOW』を聴いた。

LEXの初期の代表曲”95 Project”をKMがリアレンジ

LEXの初期代表曲の”95 Project”を、KMがリアレンジした楽曲が本日7/12(水)にリリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。