SSZとスタイリスト長谷川昭雄とのコラボでLOS ANGELES APPARELのスウェットが登場

BEAMSのバイヤー・加藤忠幸が手掛けるSSZが、スタイリスト・長谷川昭雄氏と再びタッグを組み、LOS ANGELES APPARELをパートナーに招聘した新作コラボレーションアイテムを発売する。

今年9月のコラボレーションも未だ記憶に新しい3者のジョイントワーク。待望の第2弾も前回同様、日本では通常展開のない「2XL」サイズのみに限定し、都会的なオーバーサイズのコーディネートを提案する。 今回発売するのは、アッシュグレーの「クルーネックスウェットシャツ」、ガーメントダイイングのブラウン、ブラック、ネイビーの「タートルネックスウェットシャツ」、それぞれの共地の「スウェットパンツ」の計4型。

ガーメントダイイングのシリーズは、着れば着るほど表情豊かな色落ちが楽しめる仕様に。スリムなフォルムが特徴のLOS ANGELES APPARELだが、この2人の取り組みらしくトップス は袖ぐりを4センチ下げているため、通常の2XLよりも大きなフォルムを感じることができる。パンツは、裾を7センチ短くすることでオーバーサイズで着用した時にも、丈が余りすぎないように微調整を施した。

また、全てのアイテムにSSZの象徴であるノート型ピスネームタグと長谷川昭雄のサインである「AH」の刺繍が施されている。さらに、LOS ANGELES APPARELといえば、タグにプリントされた縫製担当者のイラストも見逃せないディテールのひとつ。今回もそこにSSZの加藤忠幸、そしてスタイリスト・長谷川昭雄のイラストタグを追加し、タグまでスペシャルな構成となっている。

Info

発売の詳細:https://www.beams.co.jp/news/2736/

related

CarServiceのKei Hashimoto、SUGARHILLのRikuya Hayashi、TATTOO STUDIO YAMADAのLENによるSWAP MOTORSからALPHA別注のMA-1が登場

YouthQuakeのメンバーでありCarServiceディレクターのKei Hashimoto、SUGARHILLデザイナーの Rikuya Hayashi、TATTOO STUDIO YAMADAタトゥーアーティストのLENによるユニットSWAP MOTORSが、ALPHA別注のMA-1を12...

NANGA × WACKO MARIAのコラボレーションでダウンが登場

WACKO MARIAが、日本を代表するダウンブランドNANGAとのコラボレーションで、ダウンジャケットやマウンテンパーカー、ブランケットを11月27日(土)より発売する。 NANGA / DOWN JACKET (TYPE-1)BLACK / ¥77,000LEOPARD , PYTHON...

SKOOKUM x FAF x Zepanese Clubのトリプルコラボでカプセルコレクションが登場

1939年にアメリカにて創業したSKOOKUMと、東京を拠点に活動するクリエイティブコレクティブ YOUTH QUAKEに所属するKAZUHOとTSUKASAによるブランドFAF (FAKE ASS FLOWERS)、 大阪中津のエディトリアルショップIMA:ZINEのディレクター谷篤人と、アーテ...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。