サウンドシステムで映画上映を行う『DUB CINEMA』の第2弾が渋谷ContactのStudio Xにて開催|ドキュメンタリー映画『IRATION STEPPAS -INA VANGUARD STYLE-』が上映

サウンドシステムを持ち込んでダブやステッパーズ、レゲエ等、サウンドシステム・カルチャームービーを上映するイベント『DUB CINEMA』の第2弾がContactのStudio Xにて11月9日(火)に開催決定。今回も最重要サウンドシステムイベント『TOKYO DUB ATTACK』とeastaudio sound systemのバックアップの元、サウンドシステムの魅力と最高品質の重低音で案内する。

今回上映されるのはドキュメンタリー映画『IRATION STEPPAS -INA VANGUARD STYLE-』(和訳付き)。IRATION STEPPASはLeedsを拠点にExodusとの『Sub Dub』や『Dancehall Science』、さらには世界最大のベースミュージック・フェスと評価される『Outlook Festival』のレジデンツを務める、Mark IrationとDennis Rooticalが中心となり立ち上げられたイギリスのサウンドシステムである。Jah Shakaに牽引される英国のニュールーツの第二世代で、UK最高のサウンドシステムといわれており、RuskoやCaspa、Skream、MALAとCOKIによるDigital Mystikzといったダブステップシーンの雄からもリスペクトを受ける存在だ。

11月9日は日本のほかにブリストル、メキシコシティ、サンパウロ、ボゴタなど世界各都市同日プレミア上映となり、この日から一ヶ月間ロンドン、パリ、コペンハーゲン、ニューヨークなどの先行上映イベントと連携して開催される。

今回のサウンドシステムにはeastaudioがDUB CINEMAの為に製作したオリジナルサウンドシステムEASS HiFiを導入。バスリフレックスのEASS HiFiの素直で柔らかい低音とヴィンテージVoid Static3、木目の美しいサウンドシステムは巨大なホームオーディオのようなサウンドを奏でる。

映画の前後にはこのサウンドシステムの優位性を十分に堪能する、ダブやレゲエのエキスパートとも呼べるラインナップによるDJタイムも準備されている。今年で26年を迎えるZettai-Muの主催で日本におけるダブシーンの重鎮Kuranaka1945や、伝説的ダブバンドDRY&HEAVYのボーカルでソロ名義でも活躍するLikkle MaiのDJセット、レゲエやダブの遺伝子で特異なダンス・ミュージックを鳴らすTorei、そしてホストには東京発のクオリティ・モダン・レゲエ・サウンドを掲示し国内外での活躍も著しいBim One Productionのプレイも予定されている。

Info

2021/11/09(火)
at Contact Tokyo

「DUB CINEMA Vol.2」

- サウンドシステム音響で放映!
- 映画『IRATION STEPPAS -INA VANGUARD STYLE-』ドキュメンタリー(和訳付) by Dub Quake Records -
- 世界各都市同日プレミア上映! -

シネマ音響: EASS Hi Fi by eastaudio

Host by
Bim One Production (1TA & e-mura)

Guest DJ
Kuranaka1945 (Zettai-Mu)
Likkle Mai (DJ set)
Torei (Set Fire To Me)

Food:
虎子食堂

Charge: ¥2,000 (ドリンク別)
Open 18:00
Movie Time 21:00

related

年末の恒例イベント『TOKYO DUB ATTACK』が恵比寿 The Garden Roomを舞台に今年も開催

年末に代官山UNITにて開催されてきた、レゲエにおいて最もタフでハードコアな要素として知られるサウンドシステムをフィーチャーした恒例イベント『TOKYO DUB ATTACK』が、今年は恵比寿ガーデンルームに会場を移して12月30日(水)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。