【オフィシャルライブレポート】Mom 『AFTER THE CURTAIN CALL』

7月28日に4枚目のアルバム『終わりのカリカチュア』をリリースしたシンガーソングライター/トラックメイカーのMomが、10月2日(土)に東京・渋谷のWWWXにて、初のワンマンライブ『AFTER THE CURTAIN CALL』を行った。

Text : 小野田雄

photo by 石崎祥子(THINGS.)

当初、8月に予定されていたものの、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、2度の延期を経た本公演は、感染症対策を講じた有観客ライブがソールドアウトとなり、当日、会場に足を運べないファンのためにライブ配信も行われた。ウィズ・コロナの時代における音楽を取り巻く状況は依然として先が見えないが、Momは来場者に配布したパンフレットにおいて、「今見えているすべてを虚構で染め上げ、一瞬間を普遍的な体験として記録」するべく制作したという新作アルバムの意図を説明。その発展形である、この日のライブは架空の都市、セタガヤを構築するべく、DJの田中光をバックに、たった一人でオーディエンスと向き合い、1時間半に渡ってパフォーマンスを繰り広げた。

「ラッパーでもバンドマンでもない」Momは、歌との垣根なく巧みにラップもすれば、ギターもプレイする。バウンシーなビートをメロディアスなフローで乗りこなす“Momのデイキャッチ”では手にしたギターで歪んだサウンドをかき鳴らし、続く“あかるいみらい”ではマイク一本で、明るくない今の時代の日々の葛藤を皮肉交じりに描き出し、ステージ上でもジャンルや形態にとらわれない自由な音楽性を謳歌する。ライブにおいては会場のスピーカーから爆音で鳴らされる自作トラックの立体的なサウンドと共に、曲ごとにヒップホップに歩み寄ってみたり、ロックに歩み寄ってみたりと、表現の切り替えの巧みさ、柔軟さが際立っていた。

「こんな世の中で、どう生きればいいのか。この先も続く理不尽と戦うために、知性を上手く使って抗っていきましょう」というつぶやくようなMCの語り口に対して、新作アルバム『終わりのカリカチュア』のリリックは“普通とされているもの”を疑う批評性の切れ味は鋭い。声は上げられなくても、両手を挙げることでパフォーマンスに応えるオーディエンスとは、“泣けない人には優しくない世界”が象徴する現代社会の居心地の悪さをものともせず、音楽がもたらす高揚感を糧に前に進んでいこうというメッセージを共有。会場はMomの心地良い居場所である架空の都市セタガヤそのものになった。

そして、アンコールなしで、最後に披露されたのは“カーテンコールのその後で”。ポップ感覚が凝縮された楽曲にオーディエンスがハンドクラックで呼応するなか、ステージが大団円を迎えた後も、歌を作り、今を作っていこうという決意を歌ったMomには精神的成長やたくましさが強く感じられた。

Info

【Mom One Man Live 「AFTER THE CURTAIN CALL」】

2021年10月2日(土) 渋谷WWWX  

open 17:15 / start 18:00

<SET LIST>

01. i am public domain

02. Momのデイキャッチ

03. あかるいみらい

04. 食卓

05. フェイクグリーン

06. 終わりのステップ

07. 祝日

08. 恋はみずいろ

09. マスク

10. 心が壊れそう

11. 解体

12. 街の灯

13. 泣けない人には優しくない世界

14. ワールドイズユアーズ

15. タクシードライバー

16. ゴーストワーク

17. 卒業

18. カーテンコールのその後で

<配信チケット販売中>

https://mom-official.zaiko.io/e/AFTER-THE-CURTAIN-CALL

*発売期間:10/5(火)20:00まで

*アーカイブ視聴:10/5(火)23:59まで

【Mom 4th Album「終わりのカリカチュア」】

発売中 (ストリーミング、DL、CD)

配信リンク:https://jvcmusic.lnk.to/Owari_no_Caricature  

CD:VICL-65544  ¥3,000+税

(収録曲)

1. i am public domain

2. フェイクグリーン

3. 終わりのステップ

4. 祝日

5. 恋はみずいろ

6. まなざし

7. ソングスフォージエイリアン

8. 246

9. ワールドイズユアーズ

10. 2021年のロボットダンス

11. そして夢で逢いましょう

12. ヘベレケ

13. 心が壊れそう

14. 解体

15. Momのデイキャッチ

16. 街の灯

17. スキューバダイビング

18. 泣けない人には優しくない世界

19. カーテンコールのその後で

Mom 4th Album「終わりのカリカチュア」TSUTAYA限定ブックカバー付きCD

発売中 /品番:4515778117448/価格:\4,350+税

TSUTAYAオンラインショッピング

http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4515778117448/

related

Momの最新作『終わりのカリカチュア』から"泣けない人には優しくない世界"のミュージックビデオが公開

Momが7月にリリースしたアルバム『終わりのカリカチュア』から"泣けない人には優しくない世界"のミュージックビデオを公開した。

【インタビュー】Mom『終わりのカリカチュア』|アンビバレントなものを記録すること

ヒップホップやロックなどジャンルの垣根を越え、独自のポップミュージックを追求するMomが待望の4thアルバム『終わりのカリカチュア』をリリースした。前作から今作『終わりのカリカチュア』に至るまで、Momの内面にどのような変化があったのか?それを解き明かすべく話を訊いた。飄々とした語り口ながらも、そこには現状を見据える鋭利な視線と、表現者としての意志が確かに現れていた。

Momが4thアルバム『終わりのカリカチュア』を明日リリース|新曲“カーテンコールのその後で”のMVを公開

Momが待望の4thアルバム『終わりのカリカチュア』を明日7月28日(水)にリリース。本日夜、同作からの新曲“カーテンコールのその後で”のMVをYouTubeにてプレミア公開する。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。