Island State MusicとShurkn Papによるコラボ曲”Haddaway”がリリース

Shurkn PapがKosuke Harada、江崎文武、MALIYAなどで構成されたIsland State Musicとのコラボ曲”Haddaway”を、本日10/1(金)にリリースした。

Shurkn Pap

混沌とした世界を自分らしく生き抜くという強い意志を込めた楽曲。

この楽曲にはラップにShurkn Pap、楽曲プロデュースにIsland State Musicを主宰するKosuke Harada、キーボードに江崎文武、コーラスディレクションにMALIYAなどが参加した。ミックスはIllicit Tsuboi、マスタリングはRick Essigが参加している。

ティザームービーも公開されている。

Info

■Shurkn Pap × Island State Music “Haddaway”

配信 LINK 

https://linkco.re/QrcyVND0

related

バスケシューズSLIPSTREAMの35周年でShurkn Pap、Hideyoshi、Yo-Seaを起用したヴィジュアル&ムービーが公開

35周年を迎えたバスケットボールシューズSLIPSTREAMをフィーチャーし、Shurkn Pap、Hideyoshi、Yo-Seaを起用したスペシャルビジュアル&ムービーが公開となった。 SLIPSTREAMは、1987年にSKY LXの後継モデルとして誕生したバスケットボールシュ...

Shurkn Papがドライブをテーマにしたアルバム『Call Me Mr. Drive 2』を来月リリース|先行シングル“MY HOOD”のMVが公開

姫路を拠点に活動をするラッパーShurkn Papがメジャーデビューアルバムから半年ぶりとなる新作 『Call Me Mr. Drive 2』を2月11日にリリースする事を発表。同作より先行シングル“MY HOOD”のミュージックビデオが公開となった。

Island State MusicがKohjiya、¥ellow Bucksを迎えた新曲“Rob”をリリース

Island State MusicがKohjiya、¥ellow Bucksを迎えた楽曲“Rob (feat. ¥ellow Bucks)”がリリース、MVも公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。