気鋭のシンガーSHIMAがメジャーデビュー|1stシングル“After the World Ends”をリリース

日本で育ち、現在はロサンゼルスを拠点に活動するシンガー、プロデューサーのSHIMAがユニバーサルミュージックのサブレーベル+81 Music からメジャーデビューを果たした。

幼い頃から音楽に興味を持ち、高校の時から学び始めた彼女。アレンジからマスタリングまで全ての制作過程を自分で行う彼女のスキルと音楽センスには国内外からラブコールが集まり、海外のアーティストに楽曲を提供、国内ではMIYACHIやYellow Bucksなどのアーティストとの作品をリリースした。そんな彼女がデビューシングルである“After the World Ends”をリリース。日本語と英語をミックスした楽曲となっており、彼女が「宇宙のディスコ」と呼ぶエレクトロニックポップが特徴的な一曲に仕上がっている。

“After the World Ends”は、「世界が終わったと思っても大丈夫、絶対にチャンスは巡ってくるし、全てに意味がある」というポジティブなメッセージを伝えた楽曲。SHIMAは「私も過去に悲しいことが何度もありました。それでも、それを経験しなかったら今の強い自分はいなかったと思う。世界が終わったと思っても、決して諦めないで。実は最初の一歩を踏み出すためのリセットかもしれないから。」と語っている。同曲のMVも近日公開予定だ。

SHIMAのこれからの活動に要注目だ。本人からのコメントはこちら。

こんにちはSHIMAです。

この度ユニバーサルからメジャーデビューすることになりました。皆さんに私の音楽の虜になっていただきたいので、いい音楽を作れるように頑張ります!「After the World Ends」、是非たくさんお聴きください。

Info

SHIMA「After the World Ends」

リリース日:2021年9月8日(水)Digital Release

発売元:+81MUSIC

配信URL: https://umj.lnk.to/ATWE

related

LAを拠点に活動する日系アメリカ人アーティストのSHIMAがニューシングル"Swimming / Drowning"をリリース

現在はLAを拠点に活動する日系アメリカ人シンガーでプロデューサーSHIMAが、ニューシングル"Swimming / Drowning"をリリースした。

新鋭シンガー・プロデューサーのSHIMAがMIYACHIを迎えたサマーチューン"Machine"をリリース

アトランタ出身で日本人とアメリカ人の両親の元LAを拠点に活動するシンガーでプロデューサーとしての顔を持つSHIMAが、3作目となるシングル"Machine"を8/17にリリースした。

LAを拠点にする新人シンガー/プロデューサーのShimaが東京のプロデューサーデュオBopcornとのコラボシングル"As The Ocean"を本日リリース

日本人とアメリカ人の両親の元に生まれ、現在LAを拠点に活動するシンガーソングライター/プロデューサーのShimaと、東京を拠点に活動するDJのGeorgeとNasaによるプロデューサーデュオ・Bopcornによるダブルネームシングル"As The Ocean"が本日7/27(月)にリリースされた。 ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。