Aaliyahのアルバム『ONE IN A MILLION』が遂にストリーミング解禁

Aaliyahのアルバム『One In A Million』が、本日ストリーミング解禁となった。

同作は故Aaliyahの音楽カタログの中で、Blackground Records 2.0とEMPIREとのパートナーシップにより再リリースされ、配信プラットフォームで配信される最初のプロジェクトとなる。また、blackgroundrecords.netでは、Aaliyahのグッズも販売される。

96年に発表されたAaliyahの2ndアルバム『One In A Million』は多くの人にとって馴染みのアルバムだが、長年待ち望まれていた再リリースによって、若い世代にとって新鮮な体験となるはずだ。TimbalandとMissy Elliottがプロデュースした同作には、“If Your Girl Only Knew”をはじめ、ヒット曲“One In A Million”、“Got to Give It Up”、“4 Page Letter”、“Hot Like Fire”、“The One I Gave My Heart To”など数々の名曲が収録されている。

AaliyahのグッズはBlackground Records 2.0のウェブサイトにて先行販売。今回のコレクションでは、ヴィンテージ・ジャージ、記念Tシャツ、パーカーなど、90年代のノスタルジックなスタイルのアイテムが発売となる。

Info

『One In A Million』

  1. Beats 4 Da Streets (intro)
  2. Hot Like Fire
  3. One In A Million
  4. A Girl Like You
  5. If Your Girl Only Knew
  6. Choosey Lover (Old School/New School)
  7. Got to Give It Up
  8. 4 Page Letter
  9. Everything’s Gonna Be Alright
  10. Giving You More
  11. I Gotcha’ Back
  12. Never Givin’ Up
  13. Heartbroken
  14. Never Comin’ Back
  15. Ladies In Da House
  16. The One I Gave My Heart To
  17. Came to Give Love (outro)
  18. Hot Like Fire (Timbaland's Groove Mix) (Bonus)

https://trade.us17.list-manage.com/track/click?u=e8e244ae35787697b35ec598f&id=ca94637fcc&e=2768781cc7

related

【コラム】Aaliyahとその時代

2021年8月25日は、Aaliyahの20回忌だった。かつて「プリンセス・オブ・R&B」と呼ばれ、15才から22才までの短い活動期間で多くを成し遂げた歌姫(ディーヴァ)だ。

Aaliyahの音源がストリーミングサービスで解禁か|遺族が交渉の開始を発表

90sのR&Bを代表するシンガーの一人であり、キャリアの頂点を迎えていた2001年に飛行機事故が原因で惜しくも命を落としたAaliyah。一部を除いて長らくApple MusicやSpotify等のストリーミングサービスで聴くことが出来なかった彼女の音源が、ついに解禁となるかもしれない。

X-girlとAaliyahのコラボアイテムが発売

X-girlが現代のアーティストにも大きな影響を与えているR&BシンガーのAaliyahとのコラボアイテムをリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。