Aaliyahの音源がストリーミングサービスで解禁か|遺族が交渉の開始を発表

90sのR&Bを代表するシンガーの一人であり、キャリアの頂点を迎えていた2001年に飛行機事故が原因で惜しくも命を落としたAaliyah。一部を除いて長らくApple MusicやSpotify等のストリーミングサービスで聴くことが出来なかった彼女の音源が、ついに解禁となるかもしれない。

XXLが報じるところによると、今週月曜日、Aaliyahの遺族が彼女の楽曲をストリーミングサービスで配信するための本格的な交渉を開始したと発表。

「私たちの大切なファンへ:私たちは、遺族とレコード会社との間で、Aaliyahのカタログのステータスだけでなく、近日中のストリーミングプラットフォームでの利用を可能にする交渉が開始されたことを発表出来ることに興奮しています」との言葉から、まだ交渉段階にはあるものの、ストリーミングサービスでの配信が現実味を帯びたものとなりつつあるようだ。

今年はAaliyahが亡くなってから19年目となるが、彼女の楽曲は1stアルバム『Age Ain’t Nothing But A Number』と一部のシングル群を除きストリーミングサービスでの配信が行われていなかった。

R&Bファンにとっては嬉しい機会となるAaliyahのストリーミング解禁。これまで彼女の楽曲に触れたことが無かった人々にとっても再評価のきっかけとなりうるはずだが、実現に至るまで続報を待ち続けたい。

related

X-girlとAaliyahのコラボアイテムが発売

X-girlが現代のアーティストにも大きな影響を与えているR&BシンガーのAaliyahとのコラボアイテムをリリースした。

GeniusがAaliyahがヒップホップに与えた影響を解説する動画を公開

2001年にわずか22歳で命を落としたR&BシンガーAaliyah。彼女の命日である8月25日も近い今日、Geniusが彼女のヒップホップシーンに与えた影響と功績を紹介する動画を公開した。

Aaliyah、Sade、FKA Twigs、3人の1/16生まれのアーティストに捧げたミックス

先日2001年にこの世を去ったAaliyahのベスト盤がiTunesやApple Musicで配信開始されたことを伝えた。このベスト盤については、多くのメディアもニュースにするなど、死去から15年経っても話題になり続けるAaliyahの偉大さを改めて感じさせられた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。