butajiと荒井優作による新ユニットbutasakuがデビューシングル“picture”をリリース

シンガーソングライターbutajiとトラックメイカーの荒井優作による新ユニットbutasakuが初のシングルとなる“picture”を本日リリースした。

人知れず2017年頃より共作を始めたbutasaku。荒井優作による浮遊感のあるトラックに、butajiの繊細かつ抱擁感のある歌声により、どこか遠い記憶を想起させるようなノスタルジーを感じさせる。“picture”は2017年には完成していた楽曲ですが、2021年の今こそ新鮮な楽曲に仕上がっている。アートワークは写真を平松市聖、デザインを藤田裕美が手がけたもの。

今後もbutasakuの動きに期待が高まる。

Info

アーティスト:butasaku
タイトル:picture
リリース:2021年7月14日(水)
各種配信サービスにてリリース
https://linkco.re/VSXedh8v

related

butajiの最新作『RIGHT TIME』のリリース記念番組がYouTubeで放送 | 奥冨直人がAマッソにbutajiの魅力を解説

butajiの最新作アルバム『RIGHT TIME』のリリースを記念した番組がスペースシャワーTV公式YouTubeチャンネルにて12/2(木)に放送される。

【対談】折坂悠太 × butaji|切実な「今」を歌う

折坂悠太。自身の姿を重ね合わせながら1つの時代の幕引きを描いた前作『平成』から約3年。ドラマ主題歌として“朝顔”の制作も経て、京都の演奏家たちが集まった(重奏)を中心に、ゲストにSam Gendel、イ・ランも迎えたニュー・アルバム『心理』を完成させた。 一方butaji。自身の過去と向き合...

折坂悠太の新作『心理』のオンライン先行試聴会のトークゲストでbutajiとイ・ランが登場

折坂悠太が10/6(水)にリリースする新作『心理』をいち早く聴くことができるオンライン先行試聴会が、9/19(日)、9/20(祝・月)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。