KMのインタビュームービーが公開 | インタビュアーは公私に渡るパートナーのLil' Leise But Gold

ヒップホップに根ざしながらも、音楽的なルーツを忘れず、更にDJとしての豊富な経験を武器に、自身のサウンドの探求を続けるプロデューサーのKM。これまでに多くのアーティストの作品に貢献し、近年は(sic)boyをはじめ最先端のアーティストのプロデュースを手掛けるKMが、6月に2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』をリリースした。

これを記念してFNMNLでは、本作にも参加しているアーティストでもあり、公私に渡って最良のパートナーであるLil' Leise But GoldによるKMのインタビュームービーが公開された。

世代もスタイルも異なるアーティストが参加した本作について、更には2人の出会いや、父親としてのKMなどここでしか見れない話も展開していく。

Info

Director & Camera Dai Sato

Assistant Kou Sasaki

Artist: KM Title: EVERYTHING INSIDE

Release Date: 2021/06/09

Label: Mary Joy Recordings

配信URL: https://kmmusicworks.lnk.to/EVERYTHIN...

Track List:

01 MYPPL (feat. Daichi Yamamoto)

02 Filter (feat. JJJ & Campanella)

03 Distortion (feat. 田我流)

04 The Way (feat. C.O.S.A.)

05 blinded love (feat. (sic)boy)

06 Stay (feat. LEX)

07 Leave (feat. Lil' Leise But Gold)

08 What Is Love (feat. Kvi Baba)

09 Every Time (feat. MANON & HNC)

10 nothing outside

11 Nova (feat. NTsKi)

12 Family (feat. SPARTA)

13 EVERYTHING INSIDE

14 i (feat. Taeyoung Boy)

related

【インタビュー】DYGL 『A Daze In A Haze』|とにかく良い音楽であればいい、シンプルで

このたびDYGLは、内省と音楽的冒険の季節をへて、これまでにないほどオープンで快活、ユーフォリックとさえいえるサウンドを手にした新作『A Daze In The Haze』を発表する。何はともあれまずは、制作の終盤にかけこみで完成させたという“Half of Me”を聴いてほしい。今いる環境に留まりたい気持ちをなんとか断ち切って、「次のところ」へと向かわんとするまさにその瞬間をレジュメした本ナンバーは、コロナ禍でなかなか聴くことの叶わなかったアップリフリティングな「ポップス」である。ノスタルジアに対する否定ではない、むしろ未練を残したような「half of me is still aching inside my head」というサビのラインに、時代精神のすべてが込められている。

【インタビュー】Elle Teresa|等身大の自分がクラシック

Elle Teresaの存在を知ったのは4年ほど前。バンドMs.Machineを始動し始めた頃「Elle Teresaってラッパーがいるんだけど超いいよ。SAI好きだと思う。」と教えてもらい、Youtubeで「ニートTOKYO」を見てみると、フリースタイルについて独自の持論を語る彼女がいた。いまだにマッチョな男社会でもあるヒップホップの世界で作り上げられた流儀について「興味ない」と一蹴する彼女に一瞬でハマってしまった。以後、自分のライブ前に彼女の曲を1人で聴いたり、たまに頼まれるDJで彼女の曲を流したりしたのを覚えている。

【インタビュー】Daichi Yamamoto 『WHITECUBE』| 好き嫌いじゃない曲が揃った

2019年のソロデビュー作『Andless』で大きな飛躍を遂げたDaichi Yamamotoが、EP『Elephant In My Room』を挟んで2年ぶりのニューアルバム『WHITECUBE』を6月にリリースした。 多様なトラックに対してバラエティに富んだフロウで驚かせてくれた前作の流...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。