LACOSTEからグラフィカルなスポーティさとクラシックを融合した2021 AWコレクションのLOOKが公開

LACOSTEの2021 AWコレクションのLOOKが公開となった。

パリの格子や曲線、コンクリート、レンガ、タイル、ガラスが混ざりあった建築物を背景に、撮影されたLOOKが印象的なコレクションは、グラフィカルなスポーティさとリミックスされたクラシカルなスタイルを混ぜ合わせた遊び心であふれている。アクティブなライフスタイルや、ホームウェア、ワーキングウェアにも対応する斬新なデザインで、エレガンス、ユーモア、そして着心地の良さが様々なシーンに合うコレクションに。

今シーズンは落ち着いたニュートラルカラーをベースに、鮮やかな色の生地を使用し、膨張や収縮をするシルエットや、驚くような素材感、コミカルなキャラクターが登場。炎のようなテニスボール、テニスネットのシャドーチェック、Lのエンブレムロゴに加えて、アーカイブのワニの爪や大胆なワニのヘッドが新しいアイコンを生み出し、まるでコミックのように、シグネチャーであるワニが大きく生まれ変わった。

LACOSTEが大切にしているスポーティさに加え、セットアップの概念も様々な方法で覆している。トロンプルイユ(だまし絵)のシャツ、カーディガン、ジョギングパンツなどがポロシャツのメイン素材であるコットンピケでデザインされ、絶妙にマッチ。ピーコート、ジャケット、オーバーコート、トレンチコートの滑らかで包み込むようなラインに、ニットの襟、ハリを出すためのボンディング、軽いナイロンのキルティングなど、時代に合わせてアップデートしている。

シェルスーツ、パファーコート、キルティングライナーは、LACOSTEのヴィンテージやデッドストックの生地をパッチワークのように組み合わせて再構築。クラシックなスポーツシェイプに新たな幾何学模様を生み出し、数シーズン前からアップサイクルのプロセスも進化させている。ボンディング、ドローストリング、オーバーサイズのロープトグルなどが、アスレチックで工学的な雰囲気を醸し出し、ウィメンズではネオプレンのクロップトップや立体的なショーツが登場。ユニセックスのチノパンは袖口にマジックテープを施し、ネオプレン製のレギンスは足首から上の部分にパッチワークニットのジッパーを付属。エンボス加工を施した型押しのスライド、5パネルのコットンピケキャップ、オーバーサイズのバックパックなどと合わせて、今シーズンのダイナミックなスポーツスタイルを完成させた。

Info

LACOSTE AUTUMN-WINTER 2021 FASHION SHOW COLLECTION
http://laco.st/FulyyNvl

related

PALACE SKATEBOARDSがUKレイヴカルチャーを代表するグラフィックアーティストのSteven 'Pez' Perryとコラボレーション

PALACE SKATEBOARDSが、伝説的な英国人アーティストSteven 'Pez' Perryとのコラボレーションによる新しいカプセルコレクションを、10月23日(土)よりリリースする。

Richardsonが秋冬コレクションを発売

Richardsonが2021 AWコレクションを10月16日(土)より発売する。 薬物依存からの回復を目指す薬物依存者(ドラッグアディクト)の集団「ナルコティクス・アノニマス(NA)」のアイコンからインスパイアされた『Richardson Hardware Collecti...

HUFがMiles Davisとコラボレーション

HUFがジャズミュージックのアイコンであるMiles Davisとのコラボレーションを発表した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。