折坂悠太のインタビュー動画が公開 | インタビュアーはKID FRESINO

2021年3月にミニアルバム『朝顔』を発表したシンガーソングライターの折坂悠太。本作にはドラマ『監察医 朝顔』の主題歌となったタイトル曲など5曲を収録。広がりを持ちつつも、折坂らしい強度のある世界を展開している。

リリースを記念してFNMNLでは、過去には2マンライブで共演し、今週末に開催される自身の主催イベント『another 5 years』にも折坂が出演するなど、互いに敬意を持っているというKID FRESINOがインタビュアーに登場したインタビュームービーを公開した。

Info

折坂悠太 「朝顔」 2021年3月10日発売

形態:ミニアルバム

■収録曲(初回・通常共通)

1. 朝顔(フジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌)

2. 針の穴

3. 安里屋ユンタ

4. のこされた者のワルツ

5. 鶫(つぐみ)(フジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」挿入歌) Orisaka-Yuta.lnk.to/asagaoCD

______________

another 5 years

2021年4月24日(土)

at 恵比寿LIQUIDROOM

Open 16:00 (配信 16:30) / Start 17:00

出演 : 安部勇磨 / 折坂悠太 / カネコアヤノ / MONO NO AWARE / KID FRESINO Information : 03-5464-0800 (LIQUIDROOM)

【チケット販売】

LIVEWIRE (生配信) : 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000 https://livewire.jp/p/another5years

チケット販売期間 : 2021/03/25(木)18:00~2021/05/02(日)21:00

見逃し配信期間 : 2021/04/26(月)19:00~2021/05/02(日)23:59

※安部勇磨さんのライブパートは4/24(土)のイベント当日のみの配信となります。

______________

折坂悠太

https://twitter.com/madon36

https://www.instagram.com/orisakayuta/ https://www.youtube.com/c/orisakayuta

KID FRESINO

https://twitter.com/KidFresino_Info

related

【インタビュー】e5 × nyamura | 私たちが「わからせ」なきゃ

世界のベッドルームを一直線に接続するSoundCloud。その玉石混交の音楽のるつぼから、ヒップホップ的な自己主張とナード的な感性がないまぜになった、若く鮮烈な音楽シーン──digicoreと呼ばれている──が誕生している。

【インタビュー】Skaai × uin 『BEANIE』| オレはこれだけやってるぜ。みんなはどう?

2020年、SoundCloudでの楽曲発表を契機に、『ラップスタア誕生2021』での活躍をステップとし、人気マイクリレー企画『RASEN』への参加や大型ヒップホップフェス『POP YOURS』への出演などまさに破竹の勢いでこの2年間を疾走した新進ラッパー、Skaai。

【インタビュー】Mura Masa 『Demon Time』 | パンデミックが終わった未来に向けて

英仏海峡に浮かぶガーンジー島のベッドルームからラップトップを通じ、若くして新時代のトップ・プロデューサーの座を獲得したMura Masa。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。