折坂悠太のインタビュー動画が公開 | インタビュアーはKID FRESINO

2021年3月にミニアルバム『朝顔』を発表したシンガーソングライターの折坂悠太。本作にはドラマ『監察医 朝顔』の主題歌となったタイトル曲など5曲を収録。広がりを持ちつつも、折坂らしい強度のある世界を展開している。

リリースを記念してFNMNLでは、過去には2マンライブで共演し、今週末に開催される自身の主催イベント『another 5 years』にも折坂が出演するなど、互いに敬意を持っているというKID FRESINOがインタビュアーに登場したインタビュームービーを公開した。

Info

折坂悠太 「朝顔」 2021年3月10日発売

形態:ミニアルバム

■収録曲(初回・通常共通)

1. 朝顔(フジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌)

2. 針の穴

3. 安里屋ユンタ

4. のこされた者のワルツ

5. 鶫(つぐみ)(フジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」挿入歌) Orisaka-Yuta.lnk.to/asagaoCD

______________

another 5 years

2021年4月24日(土)

at 恵比寿LIQUIDROOM

Open 16:00 (配信 16:30) / Start 17:00

出演 : 安部勇磨 / 折坂悠太 / カネコアヤノ / MONO NO AWARE / KID FRESINO Information : 03-5464-0800 (LIQUIDROOM)

【チケット販売】

LIVEWIRE (生配信) : 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000 https://livewire.jp/p/another5years

チケット販売期間 : 2021/03/25(木)18:00~2021/05/02(日)21:00

見逃し配信期間 : 2021/04/26(月)19:00~2021/05/02(日)23:59

※安部勇磨さんのライブパートは4/24(土)のイベント当日のみの配信となります。

______________

折坂悠太

https://twitter.com/madon36

https://www.instagram.com/orisakayuta/ https://www.youtube.com/c/orisakayuta

KID FRESINO

https://twitter.com/KidFresino_Info

related

折坂悠太のワンマンライブが観覧チケットの即完により『LIVEWIRE』で生配信が決定

先日FNMNLのYouTubeチャンネルで公開されたKID FRESINOによるインタビューも話題となっている折坂悠太が、有観客の単独公演としては実に1年半ぶりに開催するワンマンライブ『<<<うつつ>>>』。

【インタビュー】OMEN44|アジアンヘイトが吹き荒れるアメリカの現状

アメリカ・ニュージャージー州に在住し、ニューヨークを拠点に日本と世界をつなぐ活動をしているアメリカンジャパニーズラッパー・OMEN44が“Hate feat. Chelsea Reject”をリリースした。この曲のテーマは現在アメリカで問題視されているアジア系に対する差別/暴力。日本でもニュースでは報じられているが、実際に現地で暮らすアジア系はこの差別行為をどのように捉えているのかを話してもらった。

【インタビュー】Se So Neon|やりたいことを実現するために

2020年に発表したEP『Nonadaptation』はインディ・バンドとしては大健闘のチャート13位を記録、本国では2,000人規模のホールをソールドアウトさせるなど韓国では若者を中心に熱い支持を得ている3人組バンド、Se So Neon。ここ日本でも2019年にSummer Sonicに出演するなど2度のツアーをこなしていて、インディ・ロックや韓国音楽のリスナーを中心に注目を浴びているし、先述のEP『Nonadaptation』は米・Pitchforkが選ぶ「2020年のベスト・ロック・アルバム」リストのうちの1枚に選ばれるなど、世界的な評価も得ている。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。