【特集】Gerardparmanの『最近よく聴くグライム/ドリル10選』

北九州を拠点に活動するアーティストのGerardparmanが、4月5日にニューアルバム『Life Is So Good』をリリースした。

1993年に生まれたGerardparmanはラッパー、DJ、プロデューサーとして活動し、不定期で発売するミックスCDや、自ら主宰するレーベルMelo Sodaからリリースされる最新のモードをハードに解釈したトラックの数々によって、次世代のプロデューサーとして大きな注目を集めつつある。

今回リリースされた『Life Is So Good』はBES、Kojoe、BUPPON、SANTAWORLDVIEW、week dudus、Disryなど全国各地のアーティストをフィーチャーし、自由自在なフロウと幅広いサウンドが詰め込まれた必聴の作品に仕上がっている。

また4/3にはSYASBOYとのコラボアルバム『Tr1dent』もリリース。こちらは全曲がGerardparmanによるグライム、ドリルのビートで構成された作品となり、彼のビートメイカーとしての高い実力が分かるアルバムだ。

今回、両作のリリースを記念しGerardparmanにグライムやドリルをテーマとしたプレイリストを選曲してもらった。ラッパー、ビートメイカー両方の視点が垣間見えるセレクションとなっている。

1. PL2 - "Compton #1"

コメント

ビートのスライドが最高な曲。治安悪い。フランス産

2. 22Gz - "Blixky Gang freestyle pt.2"

コメント

個人的に現代のNYの空気感が詰まった一曲
シンプルで不穏なループが冷たい空気を感じる

3. Dusty Locane - "INTRO 2 ME pt.1"

コメント

オフビートにハードなラップが映える曲

4. Pop Smoke - "Welcome To The Party"

コメント

ドリルをヒップホップシーンの前線に持っていったクラシック
ベースのスライドがマジクレイジー。

5. Bizzy Banks - "Bandemic"

コメント

The Gameの"One Blood"ネタの一曲。ループの仕方が超クール

6. Eli Fross - "Miracle"

コメント

シンプルなビートだけどブチ上がる。hookのメロディーも◎

7. Ninho - "Problems du matin"

コメント

Pop Smokeリスペクトな1曲 フランス産

8. Ocean Wisdom - "Revvin' feat. Dizzee Rascal"

コメント

無駄と隙の無いラップの応酬。UK産

9. Ivorian Doll - "Rumours"

コメント

ビートの展開とヴォーカルミックスが巧。UK産

10. Dizzee Rascal - "I Luv U"

コメント

Grime Classic。リリースから15年以上く経ってるけどサウンドが未だに先に行ってる。UK産

Info

Gerardparman
「Life Is So Good」
2021.04.05 RELEASE

1. 通り名 feat.BES
2. TomiMeisei feat.SANTAWORLDVIEW
3. fast fast feat.ベゲfastman人
4. Henny Penny feat. week dudus
5. 24/7 feat.Disry
6. Gosspell feat.BUPPON & Kojoe
7. Utopia. feat.NF Zessho

related

横浜の9forと北九州のGerardparmanによるコラボ作『A1M PO1NT』がリリース

横浜を拠点とするラッパーの9forと北九州を拠点にするビートメイカーでラッパーのGerardparmanによるコラボ作『A1M PO1NT』がリリースされている。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。