SHIBUYA TSUTAYAで90年代をテーマにしたPOP UPが開催 | BOUNTY HUNTERとのコラボTシャツや90年代の雑誌も展示

最近では当時のストリートブランドのアイテムが古着として注目を集め、トレンドだったオーバーサイズが再び流行するなど、90年代をアップデートしたスタイルは定着しつつある。そんな中SHIBUYA TSUTAYAで90年代をテーマとしたPOP UP『NEO90s』が、本日3/16(火)から開催中だ。

今回のPOP UPでは、カルチャーに囲まれた90年代をイメージした部屋でOZworldがライブを行った模様を放映する他に、SHIBUYA TSUTAYAが所有する雑誌のアーカイブの中から90年代のものを厳選し自由に閲覧できるコーナーも設置。

さらには当時から活動を続けている伝説的なブランドBOUNTY HUNTERとのコラボTシャツの販売、APPLEBUMやRWCHEなど90年代カルチャーからの影響を感じさせるデザイナーやブランドのアイテムも販売される。

Info

お問い合わせ

会場:SHIBUYA TSUTAYA SHELF67 WIRED TOKYO 1999 

住所:東京都渋谷区宇田川町21-6 

お問い合わせ先:shibuya.mediapr@ccc.co.jp

related

XLARGE®とBOUNTY HUNTERによる初のコラボレーションが実現 | LOOKにはkZmとYoung Cocoが登場

1995年に東京・原宿にショップをオープンさせ、その後の裏原ブームを牽引したBOUNTY HUNTERと、XLARGEによる初のコラボレーションが実現した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。